日本サッカーはどうなる! 20~30代200人に調査

W杯優勝「生きてる間は無理」7割

2015.09.28 MON

世論調査


前回のブラジルW杯では、1分2敗でグループリーグ敗退となった日本代表…。ロシアでは雪辱を期待! 写真/PIXTA
ラグビーW杯イングランド大会の南アフリカ戦で大金星を挙げたラグビー日本代表。強豪相手の勝利に、「日本のラグビーも強くなった」と興奮したファンは多いだろう。一方で、2018年のロシアW杯に向けて不安が残る戦いぶりなのが、サッカー日本代表。6月には格下の対シンガポール戦(W杯予選)でスコアレスドロー。8月に行われた東アジアカップでも韓国に優勝を譲り4位に終わるなど、冴えない結果が気になる。

本田圭佑は「日本はW杯で優勝を目指すべき」と発言していたけど、この調子では「優勝」の栄冠を手にするのはいつの日になるやら…? ということで、サッカー熱も高い20~30代の男性会社員200人(未婚)に、サッカー日本代表の今後について、アンケート調査してみた(協力/アイリサーチ)。

〈自分が生きているうちに、サッカー日本代表はW杯で優勝できると思う?〉
・「思う」派 25.7%
・「思わない」派 74.3%

80歳まで生きるとして、あと50~60年はあるわけだが、それでも4人に3人が「優勝はない」という悲観的な予想…。それぞれの理由は、以下の通りだ。

●「思う」派の意見
「そうであってほしいという希望的観測」(32歳)
「今は停滞しているが、かならず凄まじい世代が来ると確信している」(26歳)
「フランスW杯からサッカーをみていていつかは優勝してほしいから。近年では難しいので20~30年後に 」(30歳)
「年々、レベルがあがっているし、ヨーロッパで活躍する日本人選手もふえてきているので」(34歳)
「女子にできて男子にできないわけがない」(38歳)
「野球も優勝したから」(31歳)
「駒大苫小牧が甲子園で優勝するとは思わなかったが、実現したから」(35歳)

●「思わない」派の意見
「ヨーロッパか南米かという図式はこれからも変わらないと思うので」(36歳)
「体格的に無理。競り合うスポーツなので、技術や戦略だけでは限界があるかと」(22歳)
「技術的に無理。南米の勢いがすごいが、アフリカ勢の技術発達が目まぐるしく、この先はアフリカ勢が牽引してゆくであろうと思う。なので、日本が陽の目を見るのはさらに遠くなるだろう」(30歳)
「前よりはレベルが上がったが、世界のサッカーのレベルも上がっていてその差がうまると思わないから」(26歳)
「海外選手の強さを見ると日本はDNAレベルで勝てないと思う。そうでなくとも、昨今のサッカーは監督選考から適当にしているようにしか見えない。こんな調子ではまず無理だと思う」(30歳)
「Jリーグ100年構想の通り、文化としてしっかり根付くまで、それくらいかかってやっとヨーロッパなどと戦えるように思えるから」(33歳)

「優勝すると思う」人は、「なでしこJAPAN」や「野球日本代表」を引き合いに出すなど、「不可能だと思っていたことが実現した例はいくつもある」というスタンスのコメントが目立つ。一方、「優勝できないと思う」人からは、フィジカル面や他国の台頭を理由に挙げる、やや専門的な意見が寄せられた印象だ。

では、いったいどこまでなら勝ち進められそうか? 少しハードルを下げて質問してみた。

〈自分が生きているうちに、サッカー日本代表がW杯でベスト8に入れると思う?〉
・「思う」 59.6%
・「思わない」 40.4%

こちらは「思う」が6割に。前回のブラジルW杯でも多くのメディアが「目標はベスト8進出」としていたが、このあたりが妥当な線なのか…。もちろん、その先の「ベスト4」や「優勝」を目標に掲げてこそ、初めてたどりつけるゴールなのかもしれないが。

10月8日には、対シリア戦(W杯予選)が行われる。現在3戦3勝と勢いに乗るシリア相手に、SAMURAI BLUEはどんな戦いを見せてくれるのか…。数十年先まで見据えて、観戦してみる!?
(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト