3位は「鳥取」、1位はなんと…

旅行してガッカリ県ランキング「北海道」2位に物議

2016.06.08 WED

噂のネット事件簿


北海道は広大さゆえに、目的意識をもつ必要があるとの声も ※この画像はスクリーンショットです
6月2日、ランキングの総合サイト「gooランキング」が、「旅行でガッカリした都道府県ランキング 東京は6位」という記事を公開した。記事で紹介されているランキングは、同サイトが20~30代の男女計500人にアンケートを実施したもの。2位となってしまった「北海道」について、ネット上では物議をかもしている。

調査の結果によると、旅行をして「ガッカリした都道府県」1位は沖縄県7.2%、2位は北海道6.0%、3位は鳥取県5.4%だった。それぞれガッカリした理由が示されており、北海道については「冬の厳しさ」「広大な大地ゆえ移動時間を要し、短期旅行に向かないこと」などが挙げられていた。この結果にTwitterでは、

「冬を楽しめんのなら北海道に来るな!と声を大にして言う道外民です」
「北海道、空は綺麗で料理は美味い、名所も豊富で凄く良かったけどなあ」

と、北海道観光をしたとみられるユーザーから北海道を擁護する声が続出。一方、道民らしきユーザーからは、

「北海道出身だけど、まともに旅行しようと思ったら、移動と休養日と観光日で2週間は作らないと、まともに観光すらできないと思う」
「北海道民だけどごめんな。空気と食べ物が美味しいと思うんだけど、冬は知らない人にはほんと厳しいから、なるべく避けるか万全の対策で来てね」
「北海道民だが観光するなら札幌か函館にしとけ。変に田舎に憧れても中途半端なところだとただ何もないだけで面白くないだけだぞ」

と、道民ならではの“旅行でガッカリしない”アドバイスや流儀が寄せられた。

ちなみに、北海道庁の「北海道観光入込客数調査報告書」によれば、平成26年度の観光入込客数は、5377万人。前年度と比較して1.3%の増加で、過去最高を記録するほど観光客数が伸びているという。

北海道は、国内外から高い人気を集める日本屈指の観光地であるだけに、もともと観光客数が多いばかりか、今年3月の北海道新幹線開業と相まって、ますます注目を集めている。今回のランキングは、北海道への期待や注目度の高さが改めて浮き彫りになったともいえそうだ。

(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト