怖いだけじゃなくて、笑える?

略称はSVK 映画『貞子vs伽椰子』が大好評

2016.06.21 TUE

噂のネット事件簿


映画『貞子vs伽椰子』。一部劇場ではMX4D上映も行われている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ジャパニーズホラーの人気キャラクターである貞子と伽椰子が対決する映画『貞子vs伽椰子』が6月18日に全国公開され、ネット上で大好評となっている。

『リング』シリーズとの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子の対決が実現したこの映画。監督は『ノロイ』『オカルト』『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズなど数々のホラー作品を手掛け、カルト的な人気を誇る白石晃士。貞子と伽椰子のバトルに巻き込まれるヒロインを山本美月と玉城ティナが演じる。

“夢の対決”として公開前から映画ファンのあいだで話題になっており、実際に公開されるとツイッターでは、

「昨日貞子vs伽椰子観てきた。白石晃士ワールド炸裂しつつ、ホラーとしても怖い。 最高だった」
「そして貞子vs伽椰子。これ最高に楽しかったです!イロモノに見えるけど(実際イロモノとしての楽しさを含みながらも)めちゃくちゃ丁寧に作られてる。また映画館行く」
「貞子vs伽椰子、スーパーエンターテイメント!って感じで最高だった」

と、怖いのはもちろん、エンタメ作品として楽しめると、高い評価を受けている。さらに、

「貞子VS伽椰子のエンディングやばーめっちゃかっけぇ~」
「こないだ映画のスタッフロール中に退席すんなってRT回ってたけど、貞子vs伽椰子も最後まで見なきゃあかんタイプのやつだから気を付けてな!」
「ホラー映画なのにエンディングではみんな笑顔になれる不思議な映画だったな」

などとエンディングを大絶賛する声も。普通のホラー映画とはひと味違う仕上がりになっているのは間違いなさそうだ。

ちなみに映画『エイリアンVS.プレデター』や『バットマンvsスーパーマン』が、その頭文字を取って「AVP」や「BVS」と略されたように、『貞子vs伽椰子』も「SVK」と略されている模様。ツイッターでは、

「貞子vs.伽耶子を『SvK』って略すの面白いから止めてくれw」
「BvSみたいなノリで貞子vs伽椰子がSvKって表記されてるの笑う」

と、「SVK」という略称についても好意的に受け止められている。

とにかく、大好評の『貞子vs伽椰子』。この夏“最恐”の組み合わせを見て涼を取るのもいいかもしれない。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト