近隣施設で女性向けグルメも充実

会話も弾む!アフター6の球場女子会プラン

2016.06.29 WED

働く女子を応援!L25タイムス


東京ドームモナカアイス(あずき)300円。ナイターは通常18時台にプレイボール。球場や試合によって異なるので確認しよう
仕事帰りの平日女子会は、働く女性にとって大切なオフ時間のひとつ。一方で、毎回似たようなお店を選んでしまい、マンネリ化しがちとの声も…。そこでおすすめしたいのが、野球場での女子会プラン。女子会に参加したことがある20~30代の女性社会人231人を対象に行なったアンケート(L25調べ、協力/ファストアスク)では、平日女子会のスタート時刻は「18~19時台が理想」とする声が78.4%、希望予算は「1500~3000円程度」との意見が約半数を占めました。ナイター観戦をしながら球場のB級グルメを楽しむ…なんてプランは、じつは女子会にぴったりなんです!

今回は、都内から好アクセスな「神宮球場」「東京ドーム」「横浜スタジアム」の3球場に的を絞り、球場内&近隣で買えるおすすめグルメを、定番から最新の女性向けメニューまでピックアップしました。

■神宮球場


3球場の中でもグルメが充実しており、「都内最高のビアガーデン」とも名高い神宮球場。ビール片手にほお張りたい、がっつりグルメが狙い目です!

●ウィンナー盛り
外野ライト側の「ルゥジャパン」で買える神宮名物グルメ。数種類のウィンナーが入っており、通常盛り(600円)のほか、メガ盛り/ヘルメット盛り(800円/1500円)まである爆盛りサイズは圧巻。店頭に吊られているケチャップ&マスタードをセルフでかけるのも楽しく、見た目もボリュームでも気分が上がること間違いなしです。並ぶ価値ありの一品!

●宮崎鶏鉄板焼き
外野センター近くの「マックドゥ」では、売り上げNo.1の宮崎地鶏の鉄板焼きが人気。ジューシーで肉汁たっぷり、ビールのお供には文句なし! マヨネーズと七味をかけてもなおよしです。同店の京風たこ焼きや、向かいの「麺や秀雄」で買えるウインナーカレーライスも絶品で、ウインナーカレーライスは、漫画『孤独のグルメ』にも登場したこともあるのだそう。

■東京ドーム


国内屈指の規模を誇る東京ドーム。隣接の「ラクーア」にも心躍るグルメが充実! 場内では、高級路線の弁当シリーズがおすすめです。

●東京ドームモナカアイス
まるでメロンパンのような、東京ドームをかたどったアイスもなか。場内の売店はもちろん、売り子さんからも購入可(300円)。定番のバニラ、チョコ味のほか、あずき味もあり、女子会終盤のスイーツ要員としてぜひ購入したい!

●豪快一番弁当
1階内野席側の「札幌蟹工船」では、鮭やいくらがのった海鮮弁当類が売り切れ必至の人気ぶり。ドーム内では叙々苑弁当(2500円)などの高級路線がしのぎを削る中、札幌蟹工船の「豪快一番弁当」はそれを上回る2800円とびっくりのお値段! それでも、大ぶりの蟹脚とほぐし身がゴロゴロちりばめられた高級弁当はやっぱり大人気です。仕事の疲れを癒すプチ贅沢には、この上なし!?

●「八天堂」のラクーア限定バーガー
東京ドームシティ・ラクーア内にある八天堂カフェでは、定番の「くりーむパン」に加え、ハム&チーズ、ツナ&エッグ、ハンバーグ&スクランブルエッグなどの具材をサンドした限定のとろけるバーガー(各380円)がテイクアウトできるんです。また、生クリームとフルーツをサンドしたスイーツバーガー(480円)も必食。ケーキのような口どけで女子の心をわし掴みにするだけでなく、SNS映え確実な、見た目の可愛さにもテンションも上がる!

■横浜スタジアム


球団オリジナルや、選手考案メニューが幅広いハマスタ。すぐ近くに中華街があるため、肉まんや小籠包をテイクアウトしてから観戦に向かうのも一興ですね。

●みかん氷
長年揺るぎないハマスタ名物。かき氷にみかんの缶詰をドバっとぶっかけただけなのに、「やたらとおいしくてハマる!」とファンに愛される名物メニュー(350円)。これからの時期、暑い球場で冷えたみかん氷を食べるのもなかなか乙!

●「PORT FIELD GRILL」のナポリタン
一塁側で購入できる、太麺もちもちのハマスタ名物ナポリタン(650円)。熱々はもちろんのこと、冷めても美味しいと評判! のんびりしたい球場観戦にはもってこいのグルメとして大人気です。また、一塁側の沖縄時間(おきなわたいむ)では「沖縄そば」も人気。太めの自家製麺に和風ダシがしみわたり、腹ペコのお腹を優しく満たしてくれます!

●ライフスタイルショップ「+B」併設「BALLPARK COFFEE」のスペシャルティコーヒー&クラフトビール
三軒茶屋にある自家焙煎のコーヒーショップ「OBSCURA COFFEE ROASTERS」から豆を入荷し、選手・監督・コーチも愛飲する「BALLPARK BLEND」(ハンドドリップコーヒー 500円)は要チェック。ファン待望のオシャレなショップとして知られる同店では、球団オリジナルのクラフトビール「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」(生ビール700円)も販売中。アルコール度数は4.5%と女性にも飲みやすく、夏の野球観戦にも最適!

趣向を凝らしたメニューが集う球場は、意外にも女子会向きなんです。美味しいものを食べながらおしゃべりに花を咲かせれば、「明日からまた頑張ろう!」と活力が湧くもの。この夏は、野球女子会で日々のストレスを発散してみる?

(池田香織/verb)

※価格はすべて税込み
  • とろけるバーガー ハンバーグ&スクランブルエッグ

    Hattendo Cafeラクーア店

    ラクーア限定メニュー とろけるバーガー ハンバーグ&スクランブルエッグ 380円
    ※なくなり次第終了、電話で事前予約可能
  • BAYSTARS ALEとハンドドリップコーヒー

    ライフスタイルショップ「+B」

    左:BAYSTARS ALE 生ビール(700円、横浜スタジアム場内売店、スタンド内、「+B」内 BALLPARK COFFEEで購入可)、右:ハンドドリップコーヒー(500円、「+B」内 BALLPARK COFFEEで購入可)
    5月末にはオリジナルのクラフトビール第2弾、BAYSTARS LAGER 生ビール(700円)も登場したばかり

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト