シャック移籍で興味倍増

NBAオールスター戦今年の見どころは?

2005.02.17 THU

今年のNBAオールスター戦はおもしろいことになりそうだ。チーム力を整え、攻めと守りのシステムをチームに浸透させる意味合いの強いシーズン前半。プレーオフ進出を賭けてサバイバル競争になる後半。その折り返し点で、イースタンvsウエスタンに分かれて行われるのがNBAオールスター戦だ。いつもならケガをおそれて過激なディフェンスが影を潜め、大味な点の取り合いになりがちだが、今年にかぎっては様相が違う。

注目は、なんといってもNBAナンバーワンの人気者であるシャック(シャキール・オニール)と、オールスター投票数記録を塗り替えた“万里の長城”ことヤオ・ミンのセンター対決だろう。まさかこんなに早く、このマッチアップが実現するとは思われていなかった。シャックといえば去年まではレーカーズ(ウエスタン所属)の看板選手。ヤオはロケッツ(同)が誇る大型センター。両選手がチームを離れることは当分ないと考えられていたからだ。

ところが、昨シーズン、ピストンズに4連覇を阻まれたレーカーズは、優勝請負人と呼ばれたヘッドコーチのフィル・ジャクソンが辞任。加えてオーナーがコービー・ブライアント中心のチーム構想を抱いていることにシャックが激怒し、イースタン所属のヒートへ移籍してしまったのだ。自らの存在感を示すため、シャックがヤオをつぶしにかかることは十分に予想できる。もしも故障で出場が微妙なコービーが出てきたら、シャックはさらに加熱するだろう。

アレン・アイバーソンやケビン・ガーネット、ビンス・カーターらもMVPを狙っているし、高卒2年目ですでにスーパースターになりつつあるレブロン・ジェームスも、スターターとして出場する。

これからのNBAにおける真の中心選手は誰か。ずばり、この1戦から占いたいのはそこである。田臥がいないからつまらないじゃなくて、田臥がはじき出されてしまったNBAの凄みと迫力を感じつつ、TVの前で手に汗握りたい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト