日本ボクシング界の若きヒーロー達

クレイジー・キムに亀田3兄弟強烈キャラのボクサー登場!

2005.02.17 THU

現在、世界王者も少なく、一般的には注目の薄い日本プロボクシング界。しか~し、実は注目せざるを得ないほどの話題性抜群な逸材たちがひしめき合っているのだ!

その中でも注目なのは、ヨネクラジムのクレイジー・キム選手(30歳)。Sウェルター級の東洋太平洋・日本のダブルチャンピオンで、現在は『アジアには敵なし』と呼ばれるほどの強さだ。鍛え上げられたボディに、剃り上げたスキンヘッド。ホールに響くラップのテーマソングで現われるその姿に誰もが目を奪われる。でも視線が合うと、誰もが思わず目をそらしてしまうほどのインパクトだ。イってるような表情から繰り出される、強引かつ力強いファイトスタイル。試合後のすがすがしいほどにイノセンスな笑顔と、“ビッグマウス”ならぬ“クレイジーマウス”爆発の勝利者インタビュー。一度見たら死ぬまで忘れないほど衝撃的だ。

また、ボクシング界どころか“日本一インパクトのある3兄弟”との呼び声高いのが、浪速の闘拳・亀田3兄弟(グリーンツダ)。もともと大阪のアマチュア界で有名だった彼らだが、長男・興毅(18歳)は、現在プロ5戦全勝の勢い。「日本ランキングなら、寝とっても入れるやろ」「20歳までに世界チャンピオンになったる」と、ビッグに語る。ん~、シビれます!

亀田選手は、中学のころからドキュメンタリーで取り上げられて、話題先行な部分もありましたが、現在は実力もどんどん付いています。辰吉選手や鬼塚選手など、キャラの強い選手が注目されていた時代のように、彼らが世界に手が届くようになれば、ボクシング界の認知度も再び高まるかもしれませんね」(ボクシング・マガジン編集長・平田淳一氏)

インパクト全快のキャラが揃った日本ボクシング界。その中で『自分はコレだ!』という選手を探して応援するのも楽しいです! たまには後楽園ホールに足を運んでみては?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト