インリン様が小川直也をKO!?

高田総統、小川直也、インリン!『ハッスル』ってどうなってるの?

2005.02.24 THU

M字開脚で知られるグラビアアイドル、インリン・オブ・ジョイトイ改めインリン様。自らエロテロリストを名乗り、グラビア界を席巻する彼女が2月11日、あの小川直也とリングで戦っていたのだから驚きだろう。

柔道世界選手権覇者vsグラビアクイーンという、意味不明だが、どうにも気になるこの一戦。一体どういうことかといえば、プロレス大会『ハッスル』内で抗争する両者が、ついに直接対決を果たしたというわけだ。だが、“なぜインリンなのか?”という疑問は残る。そもそも『ハッスル』はリング内の抗争ドラマを、アメリカのプロレス団体『WWE』のように練り上げて構築、現在は高田総統率いるモンスター軍VS小川率いるハッスル軍が対決中なのだ。インリンはモンスター軍にスカウトされた新戦力(ちなみにスカウトの理由は“M字開脚のMはモンスター軍のM”という、強引かつご機嫌にふざけた理由)として、ナマM字で観客を悩殺する一方、生真面目な小川を本気で照れさせては舌戦で常に圧倒。あなどれない実力を発揮して、アッという間にモンスター軍No2に君臨したというわけなのである。さすがはエロテロリスト!

そして迎えた直接対決。インリンは黒革のビキニにムチ持参で登場し、いきなり会場は総立ち。小川のタッグパートナーまでが写メールを持ち出す始末なのだ。しかも、外国人選手を巧みに使うインリンは、小川をグロッギーさせてはムチの連打と、痛快にサディスティックだから観客は興奮のるつぼ。一度は小川も尻叩きで反撃したものの、再び外国人勢の総攻撃にあってダウン。するとインリンはその腹の上で屈辱のM字ポーズを披露、男性ファンの歓声のなか、まさかの3カウントが入ったのであった。

そう、結果は小川直也の完敗。とはいえ、エンターテインメントに徹する彼の男っぷりもまた良しであろう。次回の大会は3月18日両国国技館。心ある男ならそんな小川に声援を送りつつ、M字開脚に悩殺されてはいかがだろうか。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト