ピストンズの2連覇を止めるのはどこ?

NBAプレーオフ4月23日よりいよいよ開幕!

2005.04.21 THU

日本人初のNBAプレーヤー、田臥勇太が登録を外されてから、NBAは見ていないというあなた、なんともったいないことをしているのか! NBAは今も十分に面白いのである。今月23日からはプレーオフが始まり、東西両カンファレンスから8チームずつが、優勝目指して争うのだ。

今年のプレーオフ、東カンファレンスは昨年の王者デトロイト・ピストンズとマイアミ・ヒートの一騎打ちの模様。ヒートには昨季までレイカーズにいた“シャック”ことシャキール・オニールが移籍して猛烈に得点を取りまくっている。ただこのシャック、フリースローが驚異的にヘタ。ミニバスケットの小学生よりヘタ。もつれた試合の終盤に、もしも彼にフリースローが与えられたらスリル満点です。対して西カンファレンスは毎年のように混戦状態。シーズン開幕の時期、田臥勇太がプレーしたフェニックス・サンズ、シーズンオフにイチローが観戦して話題になったシアトル・スーパーソニックス、そしてブッシュ大統領のお膝元テキサスからはサンアントニオ・スパーズ、中国人選手・姚明(ヤオ・ミン)がプレーするヒューストン・ロケッツあたりが優勝争いに絡んできそうだ。

去年まで帝国を築いていたロサンゼルス・レイカーズは今年は不調。去年は、スターターにオールスターがズラリ揃ったが、移籍や引退などで、チームに残ったのはジョーダンの後継者といわれていたコービー・ブライアントただ1人。にもかかわらず、コービーは、婦女暴行裁判を起こされ、イメージは失墜…。NBAにはいろいろなことが起きているのである。

ズバリ、優勝を争うファイナルの顔合わせを予想するなら、ヒート対スパーズの対決か。ちょっと地味目かもしれないけれど、シャック、そしてスパーズのティム・ダンカンの巨人対決は注目。でも日本人としては、一日も早く、田臥選手がこんな巨人たちを相手に決めるシュートが見たいものである。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト