小野伸二がJリーグに帰ってきた!

小野伸二の加入で浦和レッズの野望達成なるか?

2006.02.23 THU

Jリーグの人気チームが、いよいよ〈本気〉になった。犬飼基昭社長は全タイトル制覇を目標に掲げ、オフに大補強を敢行した。その目玉が小野伸二だ。オランダで活躍してきた天才MFを、欧州クラブとの競合の末に4年半ぶりに呼び戻したのだ。

昨年までのレッズは、不慣れなポジションでプレーする選手がいた。FW永井雄一郎の右サイドMF起用や、サイドで力を発揮する山田暢久のトップ下などである。

小野の加入で無理な配置はなくなる。日本代表に選ばれた長谷部誠と小野がダブルボランチを組み、昨年はFWでも使われたブラジル人MFポンテはトップ下に。山田は右サイドMFに、永井はFWでのプレーに集中できる。本職で使われれば言い訳はできないから、選手は必死になる。

攻めのバリエーションはまだある。長谷部と鈴木啓太にダブルボランチを任せ、小野がトップ下に入り、ポンテとワシントンが2トップを組んでもいい。

戦い方にも変化がありそうだ。〈イケイケ〉になりすぎて攻守のバランスを崩すのがレッズの自滅パターンだったが、そうした傾向に小野がブレーキをかけるはずだ。彼が中盤でにらみを利かせることで、ハイリスクな前がかりはなくなる。

また、キープ力のある小野の加入で、サイドアタッカーは攻め上がる時間を得られる。三都主アレサンドロのアシストが増えそうだ。ストライカー陣に与えられるシュートチャンスは、少なく見積もっても昨年の3割増ぐらいにはなるだろう。

リーグ戦とカップ戦のタイトルを狙いながら、今季のレッズは「来年のアジア・チャンピオンズリーグ制覇のための準備も進める」(犬飼社長)という。準備とはチームのレベルアップであり、小野はアジア制覇のために欠かせないパーツだったのだ。

1月から代表とレッズで多忙な日々を過ごしている小野だが、練習の合間には笑みが浮かぶ。サッカーを楽しめているシグナルの笑顔が、今年は本当に多い。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト