カーリングにそっくり!?

屋内スポーツ「カローリング」に挑戦してみました!

2006.07.13 THU

今年、トリノで行われた冬季オリンピックで一躍、注目競技となった「カーリング」。でも、「氷がないとできないし、なんだか難しそうだし…。見るだけのスポーツ」なんて思っていませんか? 実は、氷がなくてもちゃんと楽しめる、カーリングそっくりの屋内版スポーツがあるんです!

そのスポーツの名前は「カローリング」。うん、名前もそっくりですよね! 実はこのカローリング、日本で平成5年に誕生したニュースポーツ。フロア上でカーリングのストーンを少し小さくしたカラフルなジェットローラを的に向かって走らせ、得点を競い合うんです。氷上でないことやブラシで掃かないことなどを除けば、カーリングとほとんど変わりません。

そのルールはいたってシンプル。1チーム3人で、6個のジェットローラをひとり2投ずつ投げあうチーム戦。2チームが交互に投げあい、的のより中心に近い位置で止まったチームが勝ち。相手チームのジェットローラをはじき出してもOK。

一見、単純で簡単そうなんですが、これがなかなかコツが必要。なんといってもこのジェットローラの押し具合が、難しい。力を入れすぎるとまっすぐに走ってくれないし、結構重さもあるので、すぐに的を通り越してしまう。運動神経や体力というよりは、バランス感覚と技が要求されます。

今のところ競技は、メジャー競技、マスター競技、ジュニア競技の3種類。しかも、世界約十数カ国で行われている国際的なスポーツなんです。

「まだまだ競技人口も少なく、国際大会開催には至っていませんが、これからもっとたくさんの人に楽しんでもらえるスポーツになればと思います」(日本カローリング協会・田中さん)

今後、もしかしたら人気スポーツになり、世界大会が開かれるようになるかも。今から始めれば、アナタだって日本代表はおろか世界一になることだって夢じゃないかもしれませんよ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト