サッカー初心者のための観戦ガイド

欧州CLで最も注目されているアーセナルってどんなチーム?

2008.02.14 THU



撮影/アフロスポーツ
欧州CLの決勝ラウンドが開幕する(2月19日)。ベスト16の対戦となる今ステージでは、ACミランvsアーセナルが最注目カードだ。とくに、本場欧州で「今最も美しいサッカー」と称されているアーセナルは各局のスポーツ番組でも頻繁に取り上げられており、日に日に注目度が高まっている。しかし、今なぜアーセナルが旬なのか? 対戦相手のACミランなら、その強さや選手の顔ぶれも分かるのだが…。今季の彼らがどんなサッカーを展開しているのか、海外サッカー専門誌『フットボリスタ』の浅野賀一氏に話を聞いた。

「一言でいうと“トータルフットボール”。ユーティリティプレーヤーをそろえ、自由にポジションチェンジをしています。攻守のバランスを重視しすぎて守備的になりがちな現在、ひときわ異彩を放つスペクタクルなスタイルです」

アーセナルの監督は、名将と名高いベンゲルだ。素早く細かいパスで一気に前に出る戦術は、すでに数年前から評判だった。「今季の違いはアンリ(現バルセロナ)の不在です。昨季までは、どうしても絶対的なアタッカーである彼に頼る傾向がありましたが、今は全員に『自分が攻める』という意識が根づいています。ベンゲルが本来やりたかったサッカーが、かえってストレートに出ている気がしますね」(同)

攻撃サッカーがリスペクトされるのは、日本でも欧州でも同じ。リスクを冒して得点を狙う勇気に、ファンは酔いしれるのだ。

「アベレージの高い“万能型”をそろえたアーセナルは、点取り屋のインザーギにロングパスのピルロ、そして守りのガットゥーゾといった、一芸に秀でた“職人”を集めたミランとチーム作りが正反対。この対戦結果で、欧州における今後の戦術トレンドが変わる可能性もありますよ」(同)

まずは2月21日未明に、アーセナルのホームで第一戦。普段はサッカーを観戦しない方も、このビッグマッチだけは見逃さないようにしよう。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト