3月20日にパ・リーグが開幕

祝・プロ野球開幕!混戦模様のパを占う

2008.03.19 WED

プロ野球パ・リーグが3月20日に開幕! そこで今回はペナントレースの行方を占ってみたい。

「今季のパは混戦模様。解説者泣かせなんですよ(苦笑)。どの球団も補強や即戦力新人の獲得にそれほど差がついていない。だから外国人選手のデキが優勝を左右するかもしれませんね」と話してくれたのは、プロ野球解説者の阿波野秀幸さん。そんななか、あえて優勝候補を探すと。

「ソフトバンクでしょうか。主力の離脱が目立ちますが、残った選手でも十分戦える。あまり目立ちませんが、かつて近鉄の正捕手だった的山の加入も大きい。城島が抜けて以来、捕手を固定できませんでしたから」

その一方で個性的なチームとして挙げてくれたのがオリックス。

「打って打って打ちまくるスタイル。順位はともかく、観戦するなら楽しいチームでしょう。ローズ、カブレラ、ラロッカが並ぶ攻撃陣は圧巻。04年に巨人が記録した年間チーム本塁打259本を抜く可能性もありますよ」

さらに注目選手は。

「楽天の草野という打者がいい。30歳でプロ入りした遅咲きの選手なのですが、2年目の昨季、レギュラーを奪いました。とにかく打撃技術が素晴らしく、今季は首位打者争いに絡んでくるかもしれない。ただ、何より安定した身分(社会人野球出身)を捨てて30歳でプロに飛び込み、成功した生き様は、野球を知らない人にも勇気を与えられると思うんですよね」

そして大物ルーキー・中田翔は?

「技術的には未熟ですが、豪快なスイング、パワーは魅力。個人的にはDHで起用してもいいと思います。守備は試合前にみっちり練習して鍛えればいい。あれだけの才能、やはり試合で観たいですから」

最後にパの楽しみ方を教えてください!

「セの組織的な野球に対し、パは個性的な選手が多く個vs個も楽しめる。地域に密着した球団も多いので、応援の雰囲気も注目ポイントですよ」


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト