恋愛に効く! 男女の心理大辞典

第2回 女性が恋に落ちやすい周期は?

2010.11.24 WED

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


女性の月経と性欲には、確かな相関関係があった! この法則を上手に使えば、男性は恋愛成就に、女性は冷静に相手を見極めるための役に立つはず。もっとも、意中の彼女が生理前かどうかを探るのは、なかなか至難の業ですが…

女性の月経周期と性欲は連動していた!?



人の気分には浮き沈みがあるものだが、とくに女性の場合はその落差が激しいような気がする…というのは偏見だろうか?

でも、生理前の女性がイライラしがちというのは、よく指摘されることである。ならば、そういったバイオリズムを読み解くことで、“恋に落ちやすい時期”を見極めることはできないだろうか? 数多くの恋愛指南書を著してきた、心理学者の内藤誼人先生に聞いてみよう。

「男性が女性を口説くなら、月経の周期に合わせれば成功率が高まるかもしれませんよ。なぜなら、女性というのは月経前に性的欲求、つまりムラムラ感が高まるようにできているからです」

なんと! これは世の男子諸君に朗報かもしれない。もちろん、「そもそも好意を持たれていなかったら無意味」とクギをさされたが、きちんと育まれた関係であれば、“今夜こそキメるぞ!”という局面で何らかの手助けになる法則かもしれない。 「これはオーストラリアのニューサウスウェールズ大学で、心理学者のハロルド・スタニスロウ氏が実験によって証明したものです。同氏は女性1066名の月経周期、2万2635サイクルをリサーチし、基礎体温の変化と性的欲求の度合いのデータを採取しました。その結果、女性は生理を終えてから12~14日目、つまり排卵前の3日間に最も性的欲求が高まることが判明したのです」

女性が最も妊娠しやすい時期にも重なっているのが興味深い。やはり、子孫を残そうという生物の本能なのか。

「こうした傾向は恋愛だけでなく、奥さんや彼女の浮気防止にも活用できますよね。ムラムラの高まる時期には、意識してちゃんと奥さん(彼女)の相手をしてあげることで、円満な関係を保つことができるはず。逆に女性はこの時期、無意識にガードが低くなっている可能性があるので、場の雰囲気に流されず、相手に対する気持ちをいったん落ち着いて考えてみるべきかもしれません」

なお内藤先生いわく、脳の攻撃性(イライラ)を司る中枢と、性欲(ムラムラ)を司る中枢は非常に近い位置にあるという。そのため、時として感情の錯誤が起こり、女性は生理前に不機嫌になることがあるのだそうだ。 異性の心理が知りたいのはどんなとき? 下のボタンからご投稿お願いします!

恋愛に効く! 男女の心理大辞典の記事一覧はこちら

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト