恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第41回

明るい彼女をゲットすれば出世できる!?

2011.09.14 WED

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


人は長い時間を一緒に過ごした相手の性格に引っ張られやすい生きもの。「内気な自分を直したければ、明るい友達を見つけて行動をともにするのがオススメ」と内藤先生からのアドバイス 写真提供/PIXTA
バリバリ仕事をこなす尊敬すべき上司や先輩には、得てして素敵な奥さん、あるいは彼女がいることが多い。やはり、仕事がデキる男は恋愛もデキるということか…とひとりで納得してしまうこともしばしばだ。

しかし逆に、理想的なパートナーを得たことで仕事がうまく運ぶケースだってありそう。デキるビジネスマンになるためには、先に素敵な彼女を見つけた方がいいんだろうか?

「人間の精神状態には感染効果がありますから、その考え方はあながち間違いではないと思いますよ。たとえば、もともと控えめな性格だった人が、明るい性格の人と長い時間をともにすると、自然と少しずつ明るい性格に引っ張られていくものなんです」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。人は同調する生き物であるから、これを逆手に取って性格改善に生かすのはありだという。

「これは心理学の実験でも証明されていることで、米ヴァンダービルト大学のクリスティナ・コーロス氏という心理学者が、多数の夫婦を集めて精神状態を調査しているんです。調査の項目は明るさ、そして抑うつ度。その結果、夫婦の精神状態には明確な一致性が認められたといいます。さらに付け加えると、夫婦として過ごした期間が長ければ長いほど、この一致性が高まる傾向が確認されたのです」

この調査では、夫が抑うつ的な性格であれば妻にも同じ傾向が見られ、底抜けに明るい妻の夫はやはり明るい性格であるといったケースが多く見られたという。夫婦は長く連れ添うほど似てくるというけど、それは顔だけでなく、性格や雰囲気など全体を含めてのことなのかもしれない。

「実際に『転移性抑うつ』という言葉もあるほど、人の性格はうつるものなんです。男の出世は嫁次第、などといわれたりもしますが、もし内気な性格にお悩みなら、下手な自己啓発法よりも明るいパートナーを見つけた方が効果的かもしれませんよ?」

とはいえ、そもそも明るい彼女をゲットするだけの器量が必要。うーん、出世への道はなかなかに厳しい!?
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト