合コンを制するものはビジネスを制す!

ラブホテル話で盛り上がる

2012.05.03 THU

合コン力検定


【問1】
ひょんなことからラブホテルの話題になった。男性メンバーのひとりが、「そういえば、だいぶ前にプールのある部屋に行ったなあ」と言い出したが、さて、どう返せばいい? (難易度★★)

(1) 「おいおい、誰と行ったんだよ~」

(2) 「素朴な疑問だけど、プールに入るときに水着は着るの?」

(3) 「プールは、どういうタイミングで入るのがいいのかなあ…」

【問2】
ラブホテルの話が繰り広げられるなかで、奔放なタイプに見える女性が「私、ラブホテルって一度も行ったことないの」と発言した。もっとも適切なリアクションはどれ? (難易度★)

(1) 「ってことは、シティホテル派なんだね」

(2) 「まあ、どう見ても未体験っぽいもんね」

(3) 「勉強だと思って、1度は行ってみた方がいいよ」

【答1】(1)-0 (2)-3 (3)-5

【解説1】 ラブホテルの話題は、なんせ使用目的が明確な施設だけに、どう取り扱うかによって、会話のセンスのみならず人間性さえ問われてしまいます。(1)は、この際どうでもいいこと。そいつの自慢話を引き出しても仕方ありません。(2)は面白い着眼点だし、イメージが広がる効能もありますが、話がいまいち発展しないかも。ここは(3)のように、女性チームを巻き込んで熱く議論できそうなテーマを提示するのが、大人の合コンニストの妙技といえるでしょう。

【答2】(1)-5 (2)-0 (3)-2

【解説2】 もし「未体験」だったら、そんな発言はしません。(2)は、お世辞になっていないうえにオヤジ臭い最低のリアクションです。おそらく彼女は「私はラブホテルでエッチするような女じゃない」と言いたいのでしょう。いやはや、ラブホテルにも性行為にも失礼な噴飯ものの見栄の張り方です。ま、それはさておき、ここは(1)の直球の突っ込みで本人をイイ気にさせつつ、話を転がすために利用させてもらうのが賢明な対処。(3)は、微妙な説教臭さが漂いそうです。

8~10点の判定文 いつかきっとラブホの恩返しがあるはず。

4~7点の判定文 ラブホへの感謝の念がやや足りないかも。

0~3点の判定文 そのうちラブホに煮え湯を飲まされます。

今日の格言 ラブホという聖地を敬う心を忘れずに!

※フリーマガジンR25 145号「大人の合コン力検定」より

ラブホテル話で盛り上がる

石原壮一郎

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト