恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第136回

デートにおける恋愛映画のススメ

2014.07.26 SAT

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


どうしても男は退屈してしまいがちな恋愛映画も、恋愛成就のためと割り切れば、一転してデートの頼もしい味方になる…かも!? 写真提供/PIXTA
付き合い始めたばかりの彼女、あるいはこれから関係を育んでいこうという女性とのデートのプランニングは、男として慎重にならざるを得ないもの。あまり最初からこちらの趣味を押し付け過ぎて、嫌われてしまっては元も子もない。

そこで無難なデートといえば、小洒落たレストランで食事をしたり、あるいは映画を観たりといったあたりになるのだろうが、映画は映画で人それぞれ好みが分かれるから難しい。少なくとも筆者の場合、いかにも妙齢の女性が好みそうな恋愛映画には、まったく関心がないのだ。

「そういう男性は少なくないと思いますが、最初のうちくらい、多少好みを譲ってでも恋愛映画に付き合ってみるのは作戦として有効ですよ。人は観たもの、読んだものに少なからず影響を受ける生き物ですから、恋愛映画を観て、頭のなかに“人はこうして恋に落ちるんだ”とか“男性はこうすると落ちるんだ”といった選択肢を与えてやることは、心理学的に効果ありです」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生である。誰しも、覚えた知識やテクニックを実践したくなる心理を持ち合わせており、前述のアドバイスもこれに基づいているという。

「アメリカでベストセラーとなった『GAME』という恋愛指南書があるのですが、これに絡めて、米カンザス大学の心理学者ジェフリー・ホール氏が興味深い調査を行っているんです。ホール氏が363人の大学生男女を対象にアンケートと心理テストを実施したところ、この『GAME』を読んだ人ほど性や恋愛に積極的であることが判明し、つまりは同書で覚えた誘惑テクニックや口説きのテクニックを実践していることが明らかになったのです。ホール氏はこの結果から、知識と実践は明確に相関関係を持つことが証明されたと語っています」

最近は海外の恋愛ドラマが日本の女性に与える影響も決して小さくない。メディアを通して恋愛に関する知識やパターンをインプットすることで、意中の彼女の恋愛スイッチをONにさせることができるかも、と内藤先生は補足する。これは試してみる価値あり!?
(友清 哲)

※この記事は2013年7月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト