恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第98回

オシャレに見られたい人は浮気性?

2014.10.25 SAT

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


見せびらかす前提で服やアクセサリーを買う人は、浮気する確率が高い!? 彼氏・彼女を選ぶときの参考なるかも… 写真提供/PIXTA
この秋は少し“攻め”のファッションを取り入れてみよう。そう張り切って参加した飲み会で、女性から「チャラそう」「浮気しそう」などと冗談まじりにいわれてしまい、ヘコんでいる筆者。

いち早く流行を取り入れてオシャレな自分を演出したつもりが、こうも逆効果では意気消沈するしかない。人を見かけで判断してはいけないと思うのだけど…。

「気持ちはわかりますけど、それはあながち的外れでもないんですよ。心理学の世界では、服装からその人の浮気性の度合いが判断できることが証明されていますから」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。これは聞き流せないお話…、いったいどういうこと!?

「経済学には“顕示的消費”という概念があります。これはつまり、この洋服を着ていれば女性ウケがいいだろう、このアクセサリーを持っていればリッチに見えるだろうといった、いわば見せびらかすための購買行動のことです」

内藤先生によれば、自分が「欲しい」と思うことよりも、他人から「どう見えるか」を重視したこの心理に、浮気性との関係が確認されているという。

「米テキサス大学の心理学者ジル・サンディー氏が行った調査で、ショッピングの際、実用性よりも他人に与える印象を重視する、顕示的消費をする頻度が高い人ほど、愛のないセックスをする機会も多いという、ハッキリとした相関関係が認められたのです。またこの調査では、同じく顕示的消費が多い人ほど、長期的な交際よりも短期的な交際を望む傾向が顕著に見られたそうです。ファッション同様、連れて歩くと優越感を得られるような相手を次々に求めてしまう気質がある、というわけですね」

うーん、たしかに「こんな美人を連れて歩けたら鼻高々だな」と思うことがあるのは事実だし、反論できないものがある…。今後はもう少し、落ち着いた装いを心掛けることにしよう。
(友清 哲)

※この記事は2012年10月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト