「AVに関心あり」な20~30代女性は3割超!

女の性欲「自分は強いほう」4割

2015.10.21 WED

働く女子を応援!L25タイムス > 夜のヒメゴト白書


「どちらかといえば性欲は強いほう」と答えた方からは「AVを見ることがあるから」(23歳)なんて意見も 写真:Ushico / PIXTA(ピクスタ)
性に対して貪欲な「肉食女子」。すっかり一般的になった言葉ですが、実際のところ、果たしてどれほどいるの? というわけで女性のリアルな性欲について知るべく、恋人がいたことのある20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました(調査協力:アイリサーチ)。

■自分の性欲の強さ、どのくらい?
(全4項目から1つ選択)
・強いほう(8.0%)
・どちらかといえば強いほう(29.0%)
・どちらかいえば弱いほう(42.5%)
・弱いほう(20.5%)

「どちらかいえば弱いほう」と「弱いほう」を併せると、6割以上の女性が「(他の同性と比べて自身の)性欲は弱いほう」と回答しています。一方、条件付きですが、2番目に多かったのは「どちらかといえば強いほう」でした。それぞれを選んだ理由を詳しく聞いてみました。

【強いほう】
「10日以上セックスがないと体調が悪くなる(体がダルくなったり、鬱っぽくなったり、怒りっぽくなったり、肌がボロボロになるから)」(27歳)
「いつでもセックスしたいと感じているので」(31歳)
「時期にもよるがよくムラムラするから」(25歳)

【どちらかといえば強いほう】
「同棲してたときはほぼ毎日彼氏とセックスしていたから」(33歳)
「恋人と一緒にいるとセックスがしたくなるから」(30歳)
「性欲に負けてしまうときがあるから」(33歳)

【どちらかいえば弱いほう】
「それほどセックスをしたいと思わないから」(25歳)
「どうしてもしたいという感じではない」(37歳)
「体のつながりより心のつながりを求めるので」(33歳)

【弱いほう】
「興味がないから」(26歳)
「しなくても困らないから」(31歳)
「全くその気にならないから」(32歳)

6割に及んだ「しなくても」派の女性は、体のつながりよりも心のつながりを求める傾向があるようです。反面、4割弱の「したい」派の女性は、性欲に対して正直な印象があります。

さて、女性の性欲と関連して、女性が興味関心のある性に関するモノ・コトも尋ねてみました。

■女性が興味のある性に関するモノ・コトTOP10
(全12項目から関心のあるものを全て選択)
1位 AV(女性向けAVも含む)(32.5%)
2位 下ネタトーク(女性同士)(31.0%)
3位 雑誌のHな特集(セックス特集など)(29.5%)
4位 官能小説(26.0%)
5位 濃厚なラブシーンのある映画やドラマ(25.0%)
6位 男性が喜びそうなセクシーな下着(23.5%)
7位 大人のおもちゃ(17.5%)
7位 下ネタトーク(男性と)(17.5%)
9位 セフレ(10.0%)
10位 SMプレイ(8.5%)
10位 (勢いで)一夜限りの関係(8.5%)

※番外編
12位 ウブな年下男子を優しく手ほどき(6.5%)

圧倒的に多かったのが、今やスマホなどから手軽に見られるようになったAV。女性向けの作品も近年増えています。女子会で繰り広げられる、女性同士のリアルな下ネタトークも支持率高めという結果に。

「女性に性欲なんてないもの」とされてきた時代も今は昔。まずは自身の性欲を受け止めて、性に関するモノ・コトも上手く活用しながら、心地良い形で付き合っていきたいものですね。
(池田園子)

■夜のヒメゴト白書 第2回

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト