20~30代会社員、過半数は“一途な恋”に邁進中だが…

浮気・二股男性「1人を愛せないこと自覚」の声も

2016.04.07 THU

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


「付き合っている恋人がいるのに別の人に告白した」(28歳/50点)など、浮気に至っていないが、行動には移した経験アリ、との人もいた graphicalicious / PIXTA(ピクスタ)
2016年は年明けから芸能人の不倫報道が続々と登場。ゲスな話題だが、興味本位でつい見てしまうものだ。ただ、翻って自分のことを考えた時、どれほど清廉潔白な恋愛をしてきただろうか? 芸能人を批判しつつも、実は自分も笑えない…なんてこともあるかもしれない。そこで20~30代の男性会社員200人に、以下の基準に則り、「恋愛の清廉潔白度」を自己評価してもらった(R25調べ・協力/アイリサーチ)。

【基準】100点…これまで浮気や二股、思わせぶりなことなど、異性に不誠実なことはしたことがない/50点…浮気や二股はしたことがないが、思わせぶりなことをしたり、やや不誠実なことをしたことがある/0点…浮気、二股などを何度もしたことがある

〈あなたの「恋愛潔白度」は何点?〉
平均点【72.8点】
81~100点 49.5%
61~80点 15.0%
41~60点 19.0%
21~40点 6.5%
0~20点 10.0%

なかなかの高得点! 81点以上がほぼ半数に上るなど、ピュアな恋愛をしてきた人が多いようだ。100点満点をつけた人も81人(40.5%)も存在している。その点数をつけた理由を聞いてみると、

「彼女が出来るとぞっこんになってしまうため」(25歳/100点)
「浮気をしたこともないし、尽くしてきたので」(27歳/100点)
「昔浮気されたことがあるので、自分は絶対にしたくない。疑われそうなことすらしていない」(34歳/100点)
「浮気することにより相手の女性を傷つけたくないですし、大切にしたいと思う気持ちの方が大きいからです」(37歳/100点)

と、何とも熱い…! 「相手を想う気持ちが強くて」「自分がされたら嫌だから」という純粋な理由ばかり。これらの男性に尽くされた女性はさぞ幸せに違いない。しかし、一方で0点をつけた人も存在するわけで…。14人(7.0%)と少数ではあるものの、そのコメントはパンチ力がハンパではなかった。

「婚約や既婚でなければ、付き合うのみ、制限はない」(27歳/0点)
「色々な経験をしたいから」(28歳/0点)
「人間不信に陥っていた時にしてしまった」(36歳/0点)
「浮気や複数の人と同時進行がよくあるから」(37歳/0点)

などなど。「つい出来心で…」というコメントも一部あるが、独特の恋愛観を披露する人が多い印象だ。なかには、

「1人を愛せないことを自覚しているので」(31歳/0点)

なんて言葉も。何かに達観した、哲学的な発言ですらある。

人の数だけ恋愛のカタチはあるもの。とはいえ、相手も同じ考えを持っているとも限らず、そうでない場合は彼女を傷つけないに越したことはない。もし出来心で“コト”が起こってしまっても、ひそかに自分の胸に留め、絶対にバレないように済ますのがせめてもの優しさかもしれない。

(千川 武)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト