女性の方から言い寄ってきた、さてどうする!?

据え膳いただく独身男、平均55%。彼女がいたら…?

2016.04.09 SAT

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


座したまま向こうから据えていただいたお膳。とはいえ男の腹、いや心は複雑なようで… ※画像はイメージです。本文とは関係ありません 画像:holi/PIXTA
女性の方から「いかが?」と誘惑してきたのに、それに応じないようでは男がすたる、いや恥だろう…。そんな状況を表した「据え膳食わぬは男の恥」はあまりに有名な句。

とはいえ、男性側にも立場・状況というものがありますしね。いかにおいしい話といえど皆が揃って料理をいただくとは限らないでしょう。そこで、20~30代の会社員男性200人に対し据え膳をいただくのかどうか、聞いてみました(R25調べ、協力/アイリサーチ)

〈据え膳がいただける状況になったら、あなたはどうする?〉


「据え膳をいただく」派 55.5%
「据え膳はいただかない」派 44.5%

「いただく」派が多数ではあるものの、意外と少ないイメージ。いかに“おいしい話”ではあるとはいえ、それだけ男には恥より優先すべき立場・状況があるのでしょう。例えば恋人がいればそう単純な話でもないですからねえ…。実はこの調査、男性200人のうち、恋人がいる人、恋人がいない人それぞれ100人ずつで行っております。そこで、恋人がいる、いない別でも結果を見てみると…。

【恋人がいる】
〈据え膳がいただける状況になったら、あなたはどうする?〉


「据え膳をいただく」派 62.0%
「据え膳はいただかない」派 38.0%

【恋人がいない】
〈据え膳がいただける状況になったら、あなたはどうする?〉


「据え膳をいただく」派 49.0%
「据え膳はいただかない」派 51.0%

なんということでしょう、恋人がいる方がイケイケでした。「据え膳をいただく派」の割合は恋人がいる人たちの方が多いという結果。それも、恋人がいないグループでは、据え膳をいただく派の方が僅差とはいえ少数派となっています。では、それぞれの理由を見ていきましょう。

●「いただく」派のコメント
(恋人がいる方)
「あいてに恥をかかせるから」(30歳)
「一度ならバレないか、と」(26歳)
「そういう機会じゃ滅多にないので、いただかないと損だから」(35歳)
「誘われているのに断ると気まずくなるから」(34歳)

(恋人がいない方)
「よほど無理な人じゃ無ければいただく。フリーなら自由だし」(38歳)
「相手にも恥をかかせることになるから」(32歳)
「恋人もいないので、縁があればいいと思うから」(39歳)
「容姿、性格を加味した上で断る理由がなければ自分を選んでくれる異性を拒むことはない」(22歳)

●「いただかない」派のコメント
(恋人がいる方)
「言い寄られると醒めるので」(33歳)
「好きな人とだけ付き合いたいから」(24歳)
「バレた時などあとあと面倒くさいから」(33歳)
「美味しいはなしには裏があるから」(33歳)

(恋人がいない方)
「度胸がない。あとは美人じゃないと嫌」(32歳)
「好みの問題もあるし、初対面の人から言い寄られたら罠かもしれないと疑うから」(22歳)
「軽はずみな行動で相手を傷つけるかもしれない」(38歳)
「その後が色々面倒臭そうなので」(33歳)

もっとも堅い感じがする、恋人がいない状況でも据え膳をいただかない人たち。重複するので全ては取り上げませんでしたが目立ったのは「だまされているんじゃないかと考える」という意見。この慎重さが、恋人がいる方々には見られなかったのが不思議です。

ちなみに、どれほどの男性がそんな「据え膳」にあたると思われるシーンに遭遇しているのか聞いてみたのが以下の結果。

〈直近1年。「据え膳シーン」何回あった?〉
平均1.1回
(標準偏差3.3回、中央値0)
まあそんな美味しいシーンはそもそもあまり無い様子。ちなみにこの数字でわかるとおり、2桁の回答をした人はほとんどいません。しかし、その中にあって飛び抜けて多い回数の34回、次に多い回数20回を挙げた方がともに「恋人あり・いただく派」なのは偶然なのでしょうか…。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト