やっぱり「ギャップ萌え」を狙うのが成功への近道!?

女ゴコロをとらえるオトコの仕草…第1位は?

2016.05.15 SUN

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


意外な一面を見せることは重要だけど、それがあざとくなってしまっては逆効果! ふとした瞬間に、さり気なくギャップを見せられるかがポイントに 写真:PIXTA(ピクスタ)
夏に向けて女性との新しい出会いを求めるなら、闇雲にアプローチをするよりも「どうすれば女性のココロを揺さぶることができるか?」を知っておくことが大切だ。そこで「男性に『ドキッ』とする瞬間」を20代の女子200人に聞いてみた(R25調べ、協力/アイリサーチ)。これを押さえれば、ビッグチャンスをつかむことができる…かも!?

〈男性に「ドキッ」とする瞬間TOP9〉


※3つまで選択

1位 普段はぶっきらぼうな人から、優しい言葉を掛けられたとき(34.0%)
1位 普段、無愛想な人の、子どもみたいな笑顔を見たとき(34.0%)
3位 普段は冷静な人が、好きなことについて熱く語っていたとき(24.0%)
4位 普段は弱音をはかない人が、ぽろっと弱音をはいたとき(23.0%)
5位 普段、チャラチャラした人の、真剣な顔をみたとき(19.0%)
6位 普段はワイルドな人が、スイーツなどを食べていたとき(10.0%)
7位 普段は感情をあまり表に出さない人が、映画を観て感動して泣いているとき(7.5%)
8位 普段、チャラチャラした人が、悔し涙を流しているのを見たとき(6.0%)
9位 普段は真面目な人が、酔ってハメを外していたとき(4.5%)

普段とは違う一面を見せる場面に絞って尋ねた結果、支持を多く集めたのは同率1位で「普段はぶっきらぼうな人から、優しい言葉を掛けられたとき」と「普段、無愛想な人の、子どもみたいな笑顔を見たとき」の2つ。また、1~5位までの回答にはこんなコメントが寄せられた。

【1位 普段はぶっきらぼうな人から、優しい言葉を掛けられたとき】
「誰にでも優しい人は興味ない」(27歳)
「ちょっとしたことでも優しくされるのに弱い。ギャップに惹かれる」(23歳)
「自分だけに見せてくれた一面な気がして嬉しい」(25歳)
「印象がガラッと変わった」(27歳)
「特別に思ってもらっているように勘違いしてしまう」(25歳)

【1位 普段、無愛想な人の、子どもみたいな笑顔を見たとき】
「笑顔を見せられるくらい、心を開いてくれているということだと思うから」(25歳)
「無邪気にはしゃいでいる姿を見るのは誰でも良いし、普段とのギャップが良い」(28歳)
「職場では誰にたいしても笑顔になったり自分をあまりださず、真面目に仕事をしているが、デートや仕事終わりに自分だけにすごく笑顔だったり甘えたりされるとドキッとする」(20歳)
「もっと笑顔にしてみせたいと思うから」(22歳)

【3位 普段は冷静な人が、好きなことについて熱く語っていたとき】
「こどもみたいに目を輝かせて話す姿がかわいいと思う」(29歳)
「趣味の話を本当に嬉しそうにしていて、こっちまでうれしくなってしまった」(29歳)
「好きなものには熱くなれる人なんだと新たな人間らしい一面を見られて嬉しくなる」(25歳)

【4位 普段は弱音をはかない人が、ぽろっと弱音をはいたとき】
「いつも気持ちが強いのに、弱いところを見ると応援したくなってしまう」(28歳)
「弱いところを見せてくれると心を許してくれたのかなと思う」(26歳)
「母性本能をくすぐられる」(24歳)

【5位 普段、チャラチャラした人の、真剣な顔をみたとき】
「本当は誠実なところがあるんだなと思うから」(21歳)
「真面目とふざけた感じを持ってるところがいい」(27歳)
「普段遊んでそうな人でも、何かに向かって頑張ってる姿を見た時、ギャップにドキッとする」(29歳)

実は優しい、実はマジメ、実はコドモっぽい…など、普段のキャラとのギャップが女性の「ドキッ!」につながることがあらためて分かった。それだけに重要になってくるのは「自分は普段、どのようなキャラだと思われているか」をしっかりと把握すること。そこに勘違いやズレがあると、そもそもギャップだと感じてもらえない…なんてことも。そして、普段の自分のままで、さり気なく(演技っぽくなく)ギャップを見せることをお忘れなく!

(R25編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト