家族への憧れ? それとも孤独感?

女性の結婚願望がわき上がる瞬間1位は…

2016.06.19 SUN

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


周りの幸せそうな結婚生活を見て、結婚願望を強くする女性は少なくない様子 写真:PIXTA(ピクスタ)
「若者の晩婚化」が話題になる昨今。周りを見回してみれば、結婚の気配はまるで感じさせず、仕事や遊びに全力投球で独身を謳歌し続ける20~30代は、確かに男女とも増えているような…。しかし! そんな彼らだって、時にはふと「そろそろ結婚したい…」なんて思う瞬間はあるはず! そこで今回は、20~30代の独身女性にフォーカス。彼女たちが結婚したくなる瞬間について探ってみた(R25調べ 協力/アイリサーチ 対象:200人)。

〈女性が結婚したくなる瞬間TOP10〉

※1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計

1位 幸せそうな夫婦や家族を目にしたとき 266pt
2位 友だちが結婚した/友だちの結婚式に出たとき137pt
3位 子供がほしくなったとき 128pt
4位 誰もいない家(部屋)に帰って孤独を感じたとき118pt
4位 仕事を辞めたくなった/嫌になったとき 118pt
6位 老後の生活を考えたとき 101pt
7位 風邪をひいて一人で寝込んでいるとき 85pt
8位 親の“老い”を感じたとき 73pt
9位 仕事で疲れたとき 54pt
10位 自分の肉体に衰えを感じたとき 21pt
10位 一人暮らしはおカネがもったいないな…と思ったとき 21pt

ダントツのポイント数を叩き出して1位になったのは、「幸せそうな夫婦や家族を目にしたとき」。隣の芝生が青く見えてしまうのは、人の悲しき性。同世代の家族の幸せそうな日常と、自分のシングルライフを見比べれば、どんなに独身を満喫している人でも一抹の寂寥感は拭えないのかもしれない。2位の「友達が結婚した/友達の結婚式に出たとき」や3位の「子どもがほしくなったとき」も同様で、周囲の既婚者と独身の自分とを比較する瞬間に、結婚願望が湧いてくるという人は少なくないようだ。ちなみに、同じ質問を同世代の独身男性200人に行ったところ、 1位は「誰もいない家(部屋)に帰って孤独を感じたとき」と、男女で若干傾向は異なるようだ。では、それ以外の順位と、それぞれのコメントを見ていこう。

【1位 幸せそうな夫婦や家族を目にしたとき 266pt】
「休みの日に家族連れを見て、自分は一人で買い物などをしているとき」(30歳)
「今の年齢まで独身でいることを想像していなかったので、自分の姿と重ねて想像してしまう」(36歳)
「休日の公園などで家族連れをみると、幸せそうだなと感じる」(25歳)
「やっぱり自分の家族を持つのは憧れ。思いやりをもった夫婦を見ると、自分も誰かと家族を作っていきたいと思う」(32歳)

【2位 友だちが結婚した/友だちの結婚式に出たとき137pt】
「友達が幸せそうでさみしくなり、取り残された気分になる」(25歳)
「二人の幸せそうな顔を見たり、二人が結婚するまでに重ねてきた時間を思ったりすると、自然といいなあ~と思ってしまうから」(31歳)
「置いてけぼりをくらった気持ちになるから」(27歳)
「自分にあてはめて想像する機会だから」(27歳)

【3位 子供がほしくなったとき 128pt】
「年齢的にも周りに出産する人が増えたから」(30歳)
「一人ではどうにもならないから」(27歳)
「子どもに癒されたい」(21歳)
「周りの既婚者の友達の子供や街中の子供をみて自分の子供がはやく欲しいとおもうから」(27歳)

【4位 誰もいない家(部屋)に帰って孤独を感じたとき118pt】
「一人で電気をつけて食事の準備をしていると寂しいなと感じることがある」(29歳)
「幸せな家庭に憧れる事がある」(37歳)
「誰かに優しくされたいと思うから」(29歳)
「一人はつまらないと思った」(36歳)

【4位 仕事を辞めたくなった/嫌になったとき 118pt】
「結婚を理由にするのが、合理的な辞め方だから」(29歳)
「もう仕事はたくさん、家で主婦業をしてのんびり暮らしたい」(26歳)
「外で働くのは精神的・肉体的にもう無理そうだから」(38歳)
「すべてが面倒くさくなった」(33歳)

そのほか、こんなコメントも。

6位【老後の生活を考えたとき】→「1人で、誰にも知られず死んでいくのは寂しいなと最近思い始めたので」(34歳)
7位【風邪をひいて一人で寝込んでいるとき】→「買い物とかご飯とか体が辛くても一人でやらないと、と思うとパートナーが欲しいと思います」(33歳)
8位【親の“老い”を感じたとき】→「親孝行して生きているうちに結婚して孫を見せたいと思った」(24歳)
9位【仕事で疲れたとき】→「ほっとする空間に帰りたい」(27歳)
10位【自分の肉体に衰えを感じたとき】→「孤独死は辛い」(38歳)

既婚者への憧れに加え、「風邪をひいて一人で寝込んでいるとき」や、「仕事で疲れたとき」「自分の肉体に衰えを感じたとき」など、病気や疲れで心身が弱ったときに感じる孤独感も、結婚へのモチベーションを高めているようだ。周囲の女性をよく観察し、彼女たちのこうした心理をうまく刺激してアプローチできれば、ゴールまで一気に持ち込むのも難しい話ではない!…かも。結婚願望のある男性諸君は参考にしてみては?

(R25編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト