「特にない」はわずか6.5%…!

独身女性200人、理想の「ベッドイン」シチュエーション

2016.07.06 WED

働く女子を応援!L25タイムス > 夜のヒメゴト白書


「カビくさい、何日も布団を干していない、とかだと雰囲気がないから」(30歳)とは、もっともな意見。
画像協力:llhedgehogll / PIXTA
人の好みは千差万別。好きなベッドインシチュエーションについても、同じことがいえるでしょう。では、具体的にどんな条件を求めているのでしょうか。今回は、女性の「セックス時の理想のシチュエーション」について知るべく、恋人がいたことのある20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました(R25調べ、協力:アイリサーチ)。まずは、理想的な場所について見ていきましょう。

■ベッドインするのに理想的だと思う場所TOP5

(全7項目から当てはまるものを1つ選択)

1位 彼の部屋(41.5%)
2位 ラブホテル(29.5%)
3位 シティホテル(19.0%)
4位 自分の部屋(9.0%)
5位 自動車の中(1.0%)

最も多かったのは「彼の部屋」。「自分の部屋」を大きく引き離していることがわかります。また、「ラブホテル」「シティホテル」も多いことから、シャワーやお風呂、トイレなど衛生面が整った空間でベッドインしたいと考える女性が多いようです。続いて、ベッドイン時に欠かせない要素を尋ねてみました。

■ベッドインするのに欠かせないと感じることランキング

(全9項目から当てはまるものを1つ選択)

1位 ベッドが清潔である(44.6%)
2位 快適な室温である(21.2%)
3位 甘い言葉をささやかれる(13.6%)
4位 一緒にお風呂に入る(5.4%)
5位 いい香りがする(3.8%)
6位 室内が乾燥していない(2.7%)
7位 ムードのある音楽がかかっている(0.5%)

【番外編】
※欠かせないと感じるものは特にない(6.5%)

ダントツ1位が「ベッドの清潔さ」。実に半数近くの女性が挙げています。「快適な室温」といった環境要素がある一方、「甘い言葉」のようなコミュニケーションを挙げる人も。それらを選んだ理由について、詳しく聞いてみました。

【1位 ベッドが清潔である】
「汚いと気分が萎えて、したくなくなる」(24歳)
「ベッドが清潔でないと、テンションがガタ落ちになってしまうので」(25歳)
「汚れていると気になって集中できないから」(30歳)

【2位 快適な室温である】
「暑いのも寒いのも嫌だから」(26歳)
「風邪をひきたくないから」(29歳)
「暑くて汗だくになるのも嫌だし、寒いと脱ぎたくないから」(33歳)

【3位 甘い言葉をささやかれる】
「体だけじゃなく心もつながっている安心感があるから」(23歳)
「乗り気にさせてくれないと気分が盛り上がらないから」(28歳)
「言葉は気持ちを昂らせるのに一番有効だと思うから。 それが成功すれば、他の要素はあまり気にならない」(31歳)

【5位 一緒にお風呂に入る】
「なかなか一緒に入る機会がないから」(25歳)
「お互い不潔なのは許せないから」(27歳)
「お互いをキレイにして、今から行為をするんだと脳に働きかけて、興奮度を上げるため」(30歳)


「セックスする」スイッチを入れるために、必要なシチュエーションがある女性が多いことがわかります。とはいえなかなか男性にはイメージしづらいもの。しっかりと“楽しむ”ためにも、現在の彼との間で気になることがあれば率直に伝えて、理想の環境で臨めるようにしたいものですね。

(池田園子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト