女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

これって変?彼との間の「不思議ルール」

2016.08.05 FRI


ふたりの独自ルールって皆あるのかな?
画像提供/セキララ★ゼクシィ
彼と変な言葉を使って話したり、変わったニックネームで呼び合ったり、謎の愛情表現をし合ったりするなどという、カップル間の謎のルール…。
皆さん、身に覚えはありませんか?

20~30代の女性に「彼との間に『ふたりだけに通用する、変わったルール』があったことはある?」と聞いてみたところ、41%の人が「ある」と回答。どんなルールだったの?

●「ふたりのときだけ、変なあだ名で呼んでいる。彼が急に呼び始めて、いつからか私も対抗して変なあだ名で呼び合っている」(25歳)
●「おやすみを言う時は『おやすミッキー』など駄じゃれを必ず言う」(21歳)
●「ふたりのときは『~にゃ』を付けて話す」(27歳)
●「彼が帰宅したときにお尻をなで回す」(28歳)
●「周りのものに名前を付けて遊んでいる。ほとんどはぬいぐるみだけど、愛車にも名前がある」(26歳)

皆さん、なかなか変わったルールをお持ちです(笑)。想像すると何だかほほ笑ましいですね~。

■彼との間に不思議ルールが生まれるのは、生物としての宿命!?

なぜお付き合いが始まると、このような「2人にしか通用しないルール」ができるものなのでしょう?心理学博士の伊東明先生に聞いてみました!

「人は集団をつくると、それを維持し発展させるために独自のルールを生み出します。これは生物としての宿命であり、必然なのです。例えば、会社や学校、サークルなどには必ずルールがありますし、住んでいるマンション内でのルールや家族内でのルールなどもあるでしょう。そしてカップルも、“2人”という小さくはあっても立派な「集団」ですから、これを維持させるために独自のルールが生まれるのはごく自然なことです。ただ、オフィシャルな集団であれば、変なルールができた場合、外部から『そのルールはおかしいのでは?』『もっとこういうルールにした方がいいんじゃない?』といったフィードバックが入ることで是正されていきますが、2人きりだとフィードバックを得る機会がありません。また、改まって、自分たちのルールを見直そうとする機会もなかなかないでしょう。そのため、ルールの修正、変更がなされることなく当たり前の習慣になり、はたから見れば『一風変わった、不思議なルール』が根付きやすいのです」

なるほど!お付き合いを維持させるために、無意識のうちにお互いがルールを作っているのですね。そして、その内容が変なものになりやすいと…。

「集団において、自分たちならではの独自のルールを作ると、より結束力が強まります。これを心理学用語で『凝集力』と言いますが、例えば軍隊における敬礼や、独自のロゴマークなどは、この凝集力の向上を狙ったものです。カップル同士も『他にはないルールや2人だけの秘密のルールを作れば、2人の結び付きが深くなる』と深層心理で考え、より変わったルールを生み出そうとします。さらには、ルールが習慣化すると、それが多少変であっても変えるのが面倒くさくなり、離れがたくなるものなのです」

ということは、カップル間に変なルール、不思議なルールができるのは必然であり、お付き合いを継続するのにひと役買っている…と言えそうですね。

■一方が負担に感じるルールは見直した方が◎

ただ、伊東先生によると、「ルールの内容によっては、見直した方がいいケースもある」とのこと。

「どちらか一方に負担が掛かるルールは見直すべきでしょう。例えば、『外食のお金はすべて彼がおごることになっている』というのも一つのルールですが、彼がそれに不満を持っていたり、負担に感じるようになったら、関係は長くは続きません。2人の間で暗黙の了解になっているようなルールも、たまには『これって実は負担に感じてない?』などと相手に聞いてみたり、自分の方からも『これってちょっと変えてほしいな』などと言ってみたりして、フィードバックの機会を設けるといいでしょう」

確かに、ふたりの結び付きを深めるためのルールなのに、片方が負担に感じるルールでは逆効果!もし、彼が始めたルールで「ホントは面倒くさい」と思っているものがあったら、彼に切り出してみてもいいのかもしれません。…まあ、「彼が踊りだしたら、それに反応して一緒に踊る」ぐらいのことは付き合ってあげましょうか(笑)。


【取材協力】
伊東 明さん
(株)東京心理コンサルティング代表。ビジネス心理学および男性・女性心理学を専門とし、企業研修やコンサルティング、メディア出演や雑誌連載などで幅広く活躍中。『男は3語であやつれる』(PHP研究所)、『女が結婚するまでに考えておきたいこと』(大和書房)など、70冊以上の著作がある。


【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2016/5/20~5/30
有効回答数:139人(女性)


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト