“お金持ち界”のトレンドニュース

老舗企業の寿命は23.5年に

2013.03.16 SAT

東京商工リサーチは、「業歴30年以上の企業倒産」の調査結果を発表し、倒産企業の平均寿命は23.5年と、2年連続で延びたことがわかった。

2012年に倒産した企業で業歴が判明した1万633件のうち、業歴30年以上の老舗企業は3320件。倒産した老舗企業の多くは、バブル景気とともに不動産へ資本を投下し、多額の負債を抱えたケースが目立ったという。

2012年の倒産企業の平均寿命は23.5年。2年連続で前年を上回ったが、中小企業金融円滑化法によるところが大きいようだ。

記事提供元/YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト