憲法改正論議の焦点になる!?

安倍さんがよく口にする「集団的自衛権」ってなに?

2006.10.12 THU

安倍政権が誕生して以来、新聞やテレビで「集団的自衛権」という言葉をよく耳にする。たとえば、安倍さんは総裁選のときから集団的自衛権の行使ということを何度も言い、就任後初の所信表明演説でも「どういう場合が集団的自衛権の行使にあたるのか、具体的によく研究したい」と発言したりと――。

では「集団的自衛権」とはいったい何なのか。じつは、集団的自衛権はずっと以前から国会でもたびたび議論になってきた問題で、前首相の小泉さんもこう言ったことがある。「日米が一緒に行動していて、かりに米軍が攻撃を受けた場合、日本がなにもしないということで本当にいいのか」

この小泉さんの発言でもわかるように、集団的自衛権の行使とは、同盟関係にある他国が攻撃されたとき、自分たちが攻撃されていないにもかかわらずそれを自国への攻撃とみなし、反撃する権利のこと。つまり、日本が他国から侵略されたり攻撃されたときに反撃するのが「ふつうの自衛権」だとしたら、集団的自衛権というのは同盟を結ぶ国が戦争するときに一緒になって戦闘行為に参加することを意味するわけだ。

問題は、国連憲章で集団的自衛権が認められている一方、日本には海外での武力行使を禁じた憲法9条があること。イラク戦争をはじめ、自衛隊が海外で米軍と行動をともにするたびに集団的自衛権が国会で議論になってきたのはそのためで、いろんな意見はあるが、現在の政府の見解では集団的自衛権は行使できないとされている。

もっとも、安倍さんが公約に掲げる憲法改正が実現すれば、集団的自衛権をめぐるこれまでの政府の解釈も無意味になる。だが、改正までのハードルは高く、かといって現行憲法で政府見解を一変させたらそれも大混乱――。安倍さんが「どういうケースが集団的自衛権の行使にあたるのか研究したい」と言うのにはそういう事情があるのだが、そもそも集団的自衛権の行使がなぜ必要なのか。考えなくちゃいけないのはその議論ではないだろうか。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト