ネット界の“旬”なニュースをお届け!

米国人「日本人は朝も昼も寿司」発言に「お前らは肉ばかりだ!」

2009.12.15 TUE

噂のネット事件簿


アメリカ人が食べる「自作サンドイッチ」のイメージ
 10日、テレビ東京のニュースがニューヨークで日本の鍋料理を紹介するイベントについて報じた。番組内では「アメリカ人は『日本人は朝も昼も寿司を食べている』というイメージを持っている。もっと手軽で簡単な和食もあるということを知って、 日本食にもっと興味を持ってほしい」というアメリカ人フードジャーナリストのコメントが紹介された。

 なんとも安易なステレオタイプの意見だが、これに対し、2ちゃんねるでは「好きなように思ってくれ」と突き放す意見のほか、「毎食寿司食いたい…」と理想を語る人も登場。その一方で、「アメリカ人は毎食、肉、肉、肉のイメージ」「アメリカ人はピザかハンバーガーかダイエットコークしか飲んでないイメージ」「ランチは自作サンドイッチ、ディナーはデリバリーのピザor中華料理」とアメリカ人に対しても同様なステレオタイプを持っている人が多数現れた。

 では、冒頭の「日本人は朝も昼も寿司を食べている」というアメリカ人のイメージだが、本当にそんなことを彼らは思っているのだろうか?

 アメリカに過去5年間住んでいた男性によると「地方に行けば行くほどそのイメージが強い」という。彼によると、立ち飲みのバーなどで地元の人間と喋ると、日本に関して大抵以下のようなことをいってくるというのだ。

・日本人は生魚と米と海藻しか食べない
・調味料は醤油しかない
・醤油はご飯にかけて食べる
・日本人は全員空手ができる
・「お前の父親はサムライか?」と聞かれる
・これに対し「そうだ」とウソをつくと「じゃあ、おじいちゃんはニンジャか?」と聞かれる。いずれも本気で聞いている
・「日本ってのは中国のどこにあるんだい?」といわれる
・日本最大のスターはブルース・リーかジャッキー・チェンのどちらか
・日本人は会社に着くとすぐに全員で体操をする

というわけで、今回の件について彼に聞いたところ「彼らは本気で日本人が朝も昼も寿司を食べていると思いますよ」と冒頭のフードジャーナリストの発言に同意した。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト