ネット界の“旬”なニュースをお届け!

YouTubeだけで誰でも簡単にDJになれちゃうサイト

2010.01.29 FRI

噂のネット事件簿


お好みの2つの動画をフェーダーでミックス! ※この画像はスクリーンショットです
2つのYouTube上の動画の音声を繋げて、簡単にDJ体験を楽しむことができるサイト『TWO YOUTUBE VIDEOS AND A MOTHER FUCKING CROSSFADER.COM』が登場した。

このサイトでは、ブラウザ上にDJミキサーのクロスフェーダーが配置されており、それを挟んでYouTubeの動画を2つ表示。クロスフェーダーを左右に動かすことで、2つの動画の音声をミックスすることができる。一般的なDJ用のターンテーブルやCDプレイヤーのように再生速度を変えることはできないが、アーティスト名で検索をかければ、YouTube上の関連動画のリストが出るなど、選曲を楽しむという意味でのDJ体験は申し分なく味わうことが出来る。

実際にこのサイトでDJプレイを楽しんだネット住民からは、

「素晴らしいシンプルな発想」
「仕組みはどうってことないけど、テンション上がるね」
「即席DJプレイにもってこい」

といった意見が多く聞こえており、単純であるということへの評価が特に高い模様。

そして、もうひとつ、YouTube内の『YouTube Music Discovery Project and Playlist Creation Tool』もまた、簡単に音楽を楽しむためのサービスとして注目を浴びている。

『YouTube Music Discovery Project and Playlist Creation Tool』は、アーティスト名で検索すると、そのアーティストのミュージックビデオが自動でリストアップされ、そのまま自動再生をしてくれるというもの。検索したアーティストだけでなく、関係するアーティストも適当にピックアップされるので、プレイリストに幅ができ、決して単調なものにならないという、粋な心遣いも嬉しい。DJというよりはジュークボックスに近い感覚だが、自宅でのBGMなどには最高だろう。

いずれのサービスもネット環境さえあれば、すぐさまDJになれたり、BGMが作れたりするのが最大の利点。一昔前なら、ハードルの高いオシャレピープルの代名詞的存在だったDJも、今となっては普通の人も手の届く位置に。さあ、今すぐあなたもDJになってみては?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト