ビジネスマン身だしなみ講座

第10回 口臭予防には「唾液」を出せ!

2010.02.10 WED

ビジネスマン身だしなみ講座


あなたの口臭は大丈夫? 口内をキレイに保つために、福田先生が推奨するうがい法が「ぶくぶく・がらがら・ごしごし」の3洗浄だ。「ごしごしというのは、舌を上顎の天井でこすってやること。口内を傷つけることもなくきれいにすることができます」(福田先生) 【取材協力】赤坂パークビル歯科

口臭ケアの基本はうがいと水分補給



満員電車や打ち合わせの席で、ふと他人の口臭が気になる瞬間、誰でもあるはず。ガムやタブレットが発するミント臭ならまだしも、その多くはいかにも不健康そうな悪臭…。口臭ケアはやっぱりエチケットとして大切だ。

しかし、深刻な病気でもないのに、歯磨きをしてもどうしてもにおってしまう人もいる。何か有効な口臭対策はないものだろうか? これまで約1000人の口臭治療を行ってきた、赤坂パークビル歯科の福田原先生に聞いてみた。

「歯磨きでキレイになるのは、消化器系のほんの入り口部分に過ぎません。口臭の原因となる雑菌のおよそ8割は、舌、口の奥、喉にこびり付いています。ですから歯磨きだけでなく、きちんとしたうがいを習慣付けることが大切なんです」(福田先生)

口臭治療の患者に対しては、1分間3セット(計3分)のうがいを推奨しているという福田先生(※写真下キャプション参照)。さらに、口内を乾燥させないことが重要だという。

「口臭の元となる雑菌には嫌気性(酸素がない~薄い状態を好む)のものが多く、口の中が乾燥すると繁殖しやすくなります。寝起きに口臭が生じるのは、睡眠時に唾液の分泌が低下し、口の中が乾いて嫌気性の雑菌が繁殖するためです。そこで大切なのが唾液を出すこと。唾液の分泌を促すために、まずは水分補給が重要で、成人であれば1日1.5リットルの水分補給を心がけてください」(同)

唾液の分泌は口への刺激で促進される。そのため、良く噛んで食べることやアナウンサーのように表情豊かによく口を動かして話すことも、意外と効果的なのだとか。 ありがちだが、酔っ払って帰宅して、歯も磨かずに寝てしまうのは最悪だ。口内が雑菌のエサで満たされたまま、アルコールによって水分が不足し、さらに睡眠で唾液の分泌が落ちる状態は、口臭要因のフルコース。大事な商談やデートの前夜はとくに気を付けたい。

「人の体はもともと、口内をキレイにする仕組みを備えています。実際にやってみるとわかりやすいですが、唾を飲み込む時というのは、舌がギュッと上あごに向けて押し上がり、少し前後に動きますよね。つまり舌がブラシのように口腔をこすり、磨いてくれているわけです。ところが唾液の量が不足すると、この仕組みが適切に機能しなくなり、やはり口臭の原因となるんです」(同)

さらに究極的には、唾液の分泌を促すには「健康度を高く保つこと」が大切だと福田先生は語る。ストレス、不摂生、寝不足などは唾液の分泌を阻害する。うがい、水分補給、そして健康的な生活習慣、これが口臭ケアの三種の神器となるのだ。 取材協力先・投稿募集はこちら 男の身だしなみについて、気を使っていること、知りたいことなどありましたら右下の投稿ボタンからお願いします

ビジネスマン身だしなみ講座の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト