ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネットラジオが「素晴らしい!」

2010.03.24 WED

噂のネット事件簿


現在開発中の「らじったー」。局ごとに分かれ、今現在番組を聴いている人の意見が次々と流れてくる ※この画像はスクリーンショットです
IPサイマルラジオ協議会が運営するネットでラジオ視聴ができるサイト「radiko.jp」が現在試験配信を実施中だが、これが音も良く「素晴らしい!」とネットの各所で高く評価されている。

同サイトで聞ける局は関東地区と関西地区で異なっており、関東地区ではTBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、Inter FM、TOKYO FM、J-WAVEで、関西地区ではABCラジオ、MBSラジオ、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKAだ。

もともと同協議会が目指していたのは、高層ビルなどが多いこともあって都市部ではとかく途切れがちなラジオ中継を安定して提供することだった。実際は、昨今2ちゃんねるやツイッターを中心に普及している、テレビなどを観ながらネット上で「実況」や「空気の共有」すること、つまり「ネットとマスメディアの融合」が追い風になりそうだ。

昨年11月に発生した「バルス祭り」(11月20日に日本テレビ系でオンエアされた『天空の城ラピュタ』の「バルス」のセリフの際に一斉に「バルス」と書くこと)や、大晦日の『第60回NHK紅白歌合戦』を観ながらツイッターに感想を書き込む人が続出したことを受け、テレビやラジオ、イベントの新しい楽しみ方が定着しつつある。

そんななか、「ネットでラジオを聞く」ことができるのはまさにタイムリー。現在、radikoで番組を聴きながら、各局の番組に対し、どのようなツイッターのつぶやきがあるかが一覧で分かるサイト「らじったー」(開発中バージョン)ですでに「ラジオとネットの融合」が行われており、時間によってはすさまじい勢いで人々の感想が書きこまれている。

PCで動画を見なれたネットユーザーにとっては、いままで使っていたPCでサイトにアクセスするだけという手軽さが評価されている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト