ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット署名は古い? 時代はオンラインデモ行進

2010.04.08 THU

噂のネット事件簿


すでにサイト内のアメリカ地図では、ワシントンDC付近に数多くのアバターが集まっている ※この画像はスクリーンショットです
たとえば政府に対する抗議活動の一環として、インターネット上で署名活動を行うことは今やそれほど珍しくない話だ。しかし、署名どころかデモ行進を行うサイトがあるそう。いったい、オンラインデモとはいかなるものなのか?

そんな謎の活動を行っているのが、アメリカの「Online Tax Revolt」というサイトだ。ここでは、アメリカ政府の財政に対する抗議活動として、インターネット上でのデモ行進を行っている。

あくまでもオンラインでの仮想デモ行進なので、実際に街を練り歩くことはない。参加者がすべきことは、サイト上でお好みのアバターと、参加したいデモ隊を選ぶこと。そしてそのアバターたちが、サイト内の地図の上をワシントンDCに向けて行進していくことになるのだ。アバターたちのデモ隊は、4月15日にワシントンDCに集結する予定で、当日は何らかのイベントがあるとのことだ。

デモ隊のリーダーとしては、2008年の大統領選で民主党のオバマ候補に敗れたジョン・マケイン上院議員、同大統領選の共和党予備選でそのマケイン上院議員に敗北したマイク・ハッカビー前アーカンソー州知事などの有名政治家も参加。4月6日現在、オンラインデモ行進への参加者は24万人を超えている。

ネット署名の代わりに20万人規模のアバターを地図上のワシントンDCに送り込むという抗議活動がどれほどの効果が持つかは計り知れないが、新しい政治活動のひとつとしては興味深い試みだといえるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト