ネット界の“旬”なニュースをお届け!

読めば泣いてしまう「なにげない一言」続々

2010.04.27 TUE

噂のネット事件簿


17ページも「一言」が書き込まれている(4月26日現在) ※この画像はスクリーンショットです
読売新聞が運営する、女性を中心とした質問サイト「発言小町」に「他人の何気ない一言に助けられた」という質問(トピック=トピ)が投稿され、4月25日17:33現在、発言小町内アクセス数1位、「お気に入り登録数」3123件、レス本数278本という大盛況となっている。

大盛況になっていることには当然理由が存在するわけだが、このトピがさながら「なにげない、心を揺さぶる一言集」になっており、誰もが共感できるものになっているためだと考えられる。

この名言集を生むきっかけとなったトピ主が書いたのは、何もかもがうまくいっていない時に乗った残業帰りのタクシーで、運転手から「暗いから気をつけて帰るんだよ」と言われ、泣いてしまったというエピソード。いたく感動した彼女は「皆さんも全く知らない人の一言に助けられたこと、ありませんか??」と呼びかけたところ、多くの人々がエピソードと感動の「一言」を続々と投稿したのだ。以下、いくつか要約してみる。

「子供と一緒に電車に飛び込み自殺をしようとした母子。そこにサラリーマンが通りかかり、子供に『おっ、可愛いな!』と言い、母親は自殺を思いとどまれた」
「酷い振られ方をして電車の中で泣いていたら、中年の男性が降りがてらに『明日、明日!』と言いながら肩をポンと叩きミント系ガムをくれた。その優しさが即座に心に触れてハンドタオルで顔を覆ってギャーと泣いてしまった」
「『職業婦人にはなれなかったなぁ』となにげなしにつぶやいたところ、小学生の息子が『しあわせ婦人にはなれたからいいやん』と言ってくれた」

さらには、「良トピすぎる…。皆さんのお話で、もう涙腺が決壊しそうです。電車なのに」「良いトピをありがとうございます。生きる勇気が湧いてきます」などと、トピ自体への感動のコメントも多数書き込まれている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト