ネット界の“旬”なニュースをお届け!

60代がネットを使うのは朝食と昼食の後

2010.04.28 WED

噂のネット事件簿


ご覧のように、60代のネット利用時間帯はお昼の明るい時間に集中。夜型の若年層とは対照的な結果に ※この画像はスクリーンショットです
団塊の世代もそろそろ定年&リタイアを考える年代に入った。彼らの世代といえば、まだまだ「パソコンは苦手」という人が大多数だが、もちろん40、50の手習いでパソコンやネットを使いこなす人も少なくない。しかし少々想像しにくい彼らのネットライフはどんなものなのだろうか?

博報堂DYメディアパートナーズが、1月28日~2月3日に首都圏エリアに住む60~69歳の男性433人を対象に行ったアンケート「60代男性:メディアと生活時間帯調査」によれば、60代男性がパソコンやインターネットを利用する時間帯は、午前9~12時と午後1~3時にピークが。さらに「週末より平日(平日>土曜>日曜)」「無職>有職者」で利用度が高いことが明らかになった。

「財団法人インターネット協会」が2009年にまとめた『インターネット白書』によると、全世代でのインターネット利用時間帯は午後8時~11時がピークで、午後1時、2時台は、深夜を除けばむしろ「底」に近い時間帯。しかし60代のネット利用時間帯のトップは午後2時前となっており、調査を行った博報堂DYはこれについて「インターネットで株式市況をチェックしているのでは」と述べている。

先頃、2ちゃんねる管理人のひろゆき氏が「ひろゆき日記@オープンSNS」で明らかにしたアドプランナーの調査によると、2ちゃんねるユーザーの6%が55~64歳で、65歳以上の2ちゃんねるユーザーも2%いるという。老後といえば、テレビや散歩、趣味に勤しむというのももはや過去の話。「老後はネット」「ネットは高齢者のもの」という時代がもうそこまで来ているのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト