ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Googleのパックマンロゴ 好評のため継続

2010.05.27 THU

噂のネット事件簿


こちらがパックマンになったGoogleのロゴ。音まで再現されているので、会社でプレイする時は要注意! ※この画像はスクリーンショットです
検索サイトGoogleのトップページの「Google」のロゴは、季節、イベント、時事ネタなどによって様々にアレンジされる。自然、偉人、著名人、記念日などあらゆるものが「Google」のロゴに合わせてアレンジされたイラストレーションは目にも楽しいが、今月22日、そのロゴがついにゲームになった。

これは、日本が世界に誇る名作ゲーム『パックマン』の誕生30周年を記念し、パックマンのゲーム画面が「Google」のロゴになったもの。特筆すべきは、そのロゴ画面のゲームを実際にプレイできることで、「Google Japan Blog」によれば、

「Google のエンジニアは、1980年代に生まれた最高傑作のオリジナルに忠実に近づけるために、グラフィックス、サウンド、それぞれのゴーストのキャラクターを再現しました。また、隠しコマンドとして、『Insert Coin』ボタンを押すと、ミズパックマンが現れ対戦プレイができる機能もあります」

とのこと。当初22~23日の限定公開の予定だったが、反響が多かったため専用サイトでの公開が決まった。

『パックマン』は、日本のゲーム会社ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が開発したゲームだが、Google本社があるアメリカでも超メジャーな存在。2005年には「世界で最も成功したアーケードゲーム」としてギネスブックにも認定されている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト