ネット界の“旬”なニュースをお届け!

W杯開幕! 「QBK」「△」「茸」の意味知ってる?

2010.06.11 FRI

噂のネット事件簿


「あらゆる平均.com」では、ほかにも「【恋愛】ファーストキスの平均年齢の調査があった」や「世の中の社長の平均年齢が明らかに」など、ユニークな平均を知ることができる ※この画像はスクリーンショットです
いよいよ本日からFIFAワールドカップ南アフリカ大会が開始するが、何かとサッカーについてネットで調べものをしていると、2ちゃんねるが検索でひっかかり、実際にスレッドを見ることもあるだろう。初めて見るとそこで語られている内容が一体なんのことやら分からない人もいそうなので、サッカー関連スレッドにおける用語解説(人名中心)をする。

たとえば「ちびっこFW」という言葉。これは、玉田圭司(173cm)、大久保嘉人(170cm)、田中達也(167cm)を意味する。また、「地蔵パサー」は、地蔵のように動かずにパスを出す選手のことを意味し、具体的には中村俊輔、遠藤保仁のことだ。

また、昨年来人気となっているのが「△」。これは本田圭佑を指すのだが、元々は「本田さんかっけー(本田さんかっこいい)」と呼ばれていたものが、「本田△(さんかっけい)」となり、それがさらに略され「△」となった。「本田(÷)」(本田かっこわる)も登場したが、こちらは定着しなかった。

また、今回の代表に呼ばれてはいないものの、いまだに語り草となっているのが「師匠」。これは鈴木隆行のことだが、由来はまったくゴールを奪わないFWとして「ノーゴール師匠」と呼ばれたため。さらには「QBK」もしつこく取り沙汰される。これは柳沢敦のことで、2006年W杯のクロアチア戦で決定的チャンスにシュートをはずし、試合後のインタビューで「急にボールが来たので…」と発言し、これが略され「QBK」となったのだ。さらには「ヘナギ」とも言われることもあり、これは「ヘタレ」と「ヤナギ」をかけたものといわれている。

現代表でニックネームがつけられている主な選手は以下の通り。突然これらの名前が出てきても驚かないようにしよう。「釣男(闘莉王)」「茸(中村俊輔)」「剣豪(中村憲剛)」「禿(闘莉王)」「メガネ(岡田武史監督)」「ガチャピン(遠藤保仁)」などなど。

ちなみに、冒頭で「ちびっこFW」について書いたが、一体世界の選手の身長はどの程度か? 
様々なものの平均値を紹介する「あらゆる平均.com」で、参加32カ国選手の平均身長と体重が一覧表になって紹介されている。この表を見ると、日本代表は身長178.83cmで27位。体重は73.52kgで28位だ。同じグループリーグのライバルは以下のようになっている。

デンマーク:183.87cm(6位)
カメルーン:181.95cm(14位)
オランダ:180.43cm(24位)

最も高いのは、セルビアの186.39cmで、最も低いのはメキシコの176.74cm。同じアジアでも、韓国は182.17cmと長身選手がそろっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト