ネット界の“旬”なニュースをお届け!

文化祭で作ったマリオ動画が世界的に大人気に

2010.06.16 WED

噂のネット事件簿


教室だけでなく階段や図書館、保健室など、学校のなかを動き回る、付箋でできたマリオ。海外のネットユーザーからは「日本の学校ってこんな感じなのか」とのコメントも ※この画像はスクリーンショットです
ある学生が文化祭の出し物のために作ったストップモーション動画がネット上に公開され、日本だけでなく海外でも話題になっている。

これは、ニコニコ動画に投稿された「【マリオ】付箋でストップモーション」という動画。紙で作ったマリオが教室のなかに作られた『スーパーマリオブラザーズ』の世界を動きまわるというもので、決して高度な合成技術やCGを駆使したものではなく、連続写真で作ったごくごくシンプルなアニメーションだ。

マリオやクリボー、ノコノコなどのキャラクターは画用紙に付箋を貼って作られており、制作費はわずか5000円。放課後の時間を利用して2週間のほどの期間で完成したものだという。そんなお手軽な雰囲気あふれる動画だったが、そのクオリティーはとても高く、ニコニコ動画では、

「これすげぇぞwwww」
「文化祭ってレベルじゃねーぞw」
「これCMに使えばいい!!」

などと絶賛のコメントが殺到。さらに、この動画は海外サイトでも紹介され、そこでもまた海外のネットユーザーたちに、

「こんなにすげえ動画を見たことないよ!」
「ホントすごい! これを学生が作ったっていうのが本当に感動的」
「まったくもって魅力的な動画。特に元祖のスーパーマリオを再現したところがステキ」

と、絶賛されている。

投稿から約1週間の時点でニコニコ動画での再生回数は40万回近くにまで及び、YouTubeでは70万回を超えている。シンプルなのにすごくて、そしてちょっと懐かしいこの動画、まだまだ注目を浴びそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト