ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ホリエモンがミュージカル主演 歌は「まあ、普通」

2010.07.09 FRI

噂のネット事件簿


『クリスマス・キャロル』(竹書房文庫・650円)。同作は他にも多くの出版社から発行されている。昨年末はディズニー映画も公開された
ニコニコ動画などを運営するドワンゴは6日、「ニコニコミュージカル」の開催を発表した。舞台制作費を、劇場で観るためのチケット販売だけでなく、販売数に上限のないネットでの有料中継を合わせてまかなうことにより、低価格で演劇を観ることができるという。そんなニコニコミュージカルのひとつは『クリスマス・キャロル(仮)』(12月22日~26日・銀座博品館劇場)だが、この舞台の主人公を演じるのが元ライブドア社長の堀江貴文氏なのだ。

チャールズ・ディケンズ原作の『クリスマス・キャロル』を現代版にアレンジするようだが、原作は「強欲な男が、クリスマスの朝に温かみのある心を抱くようになり善行を行う」という内容。堀江氏の役柄は、自分勝手で強欲で冷酷な宇宙関連産業の経営者だという。

堀江氏は会見で「心の贅肉を落としたい」と発言し、ブログでは「しっかり稽古もして頑張りたいと思っていますので、ご期待ください」と決意を述べている。これに対し、ツイッターでは堀江氏にメッセージを送る人が多数登場。「ホリエモンがミュージカルの主役だと...? ホリエモン旋風なう」「まじっすかw、抱腹絶倒の予感!」「歌って踊れるのか? LDの忘年会ちゃうんやぞw」など、突っ込み交じりの感想のほか、「堀江さんがミュージカル…楽しそうですね!歌はお上手なんですか?」という質問に対しては「まあ、普通かなあ。カラオケがもっとうまくなるといいなあ」と堀江氏は答えている。

5ヵ月半後に迫ったミュージカルだが、ドワンゴの公約通り、チケット価格は4500円、ネットで観る場合は1000円と、通常の舞台よりもお手ごろ価格となっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト