ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネットの物々交換で携帯電話をポルシェに換えた少年

2010.07.27 TUE

噂のネット事件簿


物々交換で携帯電話をポルシェに換えたオーティズ君。でも、車の維持費がかかることが悩みの種で、すでに次の物々交換を目論んでいるらしい ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アメリカの高校生がインターネットの物々交換サイトを利用して、古い携帯電話を1台のポルシェにまで換えてしまったと話題になっている。

NBCロサンゼルスのネットニュースによると、携帯電話をポルシェに出世させたのは17歳の高校生スティーブン・オーティズ君。コミュニティーサイト「Craigslist」内の「barter(物々交換)」情報交換掲示板を利用して、2年間にわたって14回の交換を行った末にポルシェにまで行き着いたという。

オーティズ君の古い携帯電話は、まず新しい別の携帯電話と交換。さらに、携帯電話→iPod→モトクロス用のバイク→MacBook Proと次々と換えた後、最初の車である1987年式トヨタ4Runnner(ハイラックスサーフ)を手に入れることなる。

次に、4Runner→ゴルフカート→オートバイ→数台の自動車と経由した後に、フォード・ブロンコ1975年式に到達。そして、コレクターの間では1万5000ドル程度で取引されているというこのフォード・ブロンコが、最終的にポルシェ・ボクスターS 2000年式と交換されたというわけだ。

この「わらしべ長者」エピソードに2ちゃんねるでは、

「75年のブロンコの方がボクスターより値打ちがあるだろう(アメリカ限定)」
「4RUNNERがゴールじゃないとこが凄い」
「何でもいいからウチの嫁と何かを交換してくれ頼む」
「この手の話は100%やらせでしょ」
「一見、わらしべかもしれんが、手続きや送料の手数料が莫大な額になるんじゃないのか?」

などと、賛否両論様々な意見が飛び交っていた。そんななか、

「日本の首相は、交換していくとドンドン劣化していくのですが…」

と、見事に世相を一刀両断する意見も寄せられていた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト