ネット界の“旬”なニュースをお届け!

お酒は何歳から飲み始めた? コッソリ告白大会

2010.08.13 FRI

噂のネット事件簿


「中学高校時代は、お酒なんか無くとも一晩中盛り上がれる貴重な時代だよね」「大人になると飲まないとやってられなくなる時がある、一人でね。学生が酒の力を借りる意味がわからない」という意見もみられた ※この画像はスクリーンショットです
ビールの売り上げも軒並みアップ、という今年の夏。毎日のビールが欠かせない人も多いかと思うが、そもそもみなさんは何歳から飲み始めただろうか? 6日、コッソリアンケートが「お酒は何歳になってから?」というアンケート結果を発表した。

それによると、もちろん1位は「20歳」(36.9%)。2位は「18歳」(26.2%)、3位は「22歳~25歳」(9.7%)となっている。コメントには、「やっぱり大学生になったらってのが多いと思う 十九ぐらいかなあ」と実体験を振り返る人のほか、

「基本的に何歳から飲もうが構わないが 子供だろうが大人だろうが酔って迷惑かけるのはやめて欲しい」
「法的にいろいろな面で責任取れるようになってから」(原文ママ)
「自分の身体と他人様のことがきちんと慮れる歳になったらでいいんじゃない」

と、未成年の体への影響や酒を飲んで周囲に迷惑をかける可能性があることをふまえ、自分で自分の責任をとることができる年齢にすべきだという意見が主流。

また、コッソリアンケートでは、8日に「大人として認めるべき年齢は何歳だと思いますか?」というアンケートも行っている。その結果は1位・2位がそれぞれ「20歳」(28.3%)、「18歳」(28%)。3位は2位と大差がついて「親から経済的に独立した時点で認めるべき」(7.4%)となっており、こちらのコメント欄では、

「重要なのは、成人として認められるって事はそれに伴う責任も負うって事で
それを自覚出来ないようだと、どう定義しても意味を成さないんだよ
だからまず検討されるべきはどう運用されるかであって、何歳とするかはその次の話だと思うなあ」

「年齢だけを絶対条件にするから問題が出てくるんだよ。
18歳でも定職についていれば十分大人だし、22歳でも学生の中には大人とは到底言えない人間もいる。もっと条件を細分化して、責任と権利を持たせるにふさわしい人間だけを認められるようになるのが理想」

などと意見が交わされている。これらの結果によると、お酒を飲み始めるのも大人として認められるのも、年齢を定義することが重要なのではなく、責任能力の問題だというのは共通認識のようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト