ネット界の“旬”なニュースをお届け!

猛暑対策アイテム「冷やし縞パン」完売

2010.09.02 THU

噂のネット事件簿


水色縞パン、ピンク縞パン、緑縞パンの3種類が各980円。一見アイスクリームのようにも見える ※この画像はスクリーンショットです
冷やしカレー、冷やしシャンプーなど、冷やすという発想があまりなかったものを冷やして売り出すことでヒット商品となった例は多い。その究極(?)ともいえる“冷やし”グッズが、この夏、期間限定で大人のデパートM's秋葉原店にて販売され大ヒットとなった。その名も「冷やし縞パン」。

「冷やし縞パン」とは、しましまのパンツをカップに入れ、冷蔵したもの。販売しているM'sのツイッターでは「被ってもいいし、おでこにあててもいいし、履いてもいいです」などと商品を紹介している。この斬新なアイデアは世界的に見ても珍しいらしく、8月8日、アキバBlogが「大人のデパートM's秋葉原店 冷やし縞パン、始めました」と記事にすると、日本国内では2ちゃんねるで話題沸騰となったほか、台湾ニュースサイトや、Yahoo!香港、中国のニュースサイトでも取り上げられ、ネットを通してアジアでも大変話題となっていた様子。

「痛いニュース」では、2ちゃんねるの反応がまとめられており、

「かぶったら涼しくなりそう」
「これネタで欲しいけど 買う勇気がない」

と興味を示す人もいる一方、

「意味がわからない」
「どこまでが嘘でネタかと思ったら全部本当だった衝撃」

とあきれる人も多数。とはいうものの、実際のところ売れ行きは絶好調で、11日にはいったん完売。再入荷したが、8月30日、すべての販売を終了した。

販売終了を惜しむ声も多いのかM’sのツイッターには、ユーザーから「冬には『蒸し縞パン』などいかがでしょうか」というアイデアが出され、「ご意見ありがとうございます!パンツなのに蒸してるとモワーンとしてしまいそうですが暖かそうですね」とコメントしている。さて、冬には「蒸しパン」が発売されるのだろうか。

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト