ネット界の“旬”なニュースをお届け!

さくらんぼ小学校騒動 サイト側「そっとしておいて」

2010.09.13 MON

噂のネット事件簿


結局「さくらんぼ小学校」のネーミングを断念した東根市のHP。東根市は、さくらんぼの生産量全国1位を誇り、新幹線の駅名も「さくらんぼ東根」となっている ※この画像はスクリーンショットです
9月8日から9日にかけて、山形県東根市に来年新設される「さくらんぼ小学校」の名称を巡って、事態が二転三転する事件が起こった。

ことの発端は、さくらんぼの名産地である山形県東根市が、来年新設する小学校の名前に、公募で最多得票だった「さくらんぼ」を採用したこと。その後、匿名のメールにより、同名のアダルトサイト(自称「同人18禁美少女ゲームソフト制作サークル」)が存在することが判明したが、8日、東根市の土田正剛市長は「校名を変えれば、かえってアダルトの世界を正当化することになる」と変更拒否を表明し、ネット上には、

「なにと戦ってるんだか」
「市長の言ってることが分からないw」
「今からでも間に合うならやめておけ」「生徒が母校の名前で検索して
アダルトサイトにアクセスしちゃうとか考えないんだろうか」

と、「変えろ」という声が殺到していた。

こうした批判を意識してか翌9日、当初変更拒否を表明していた市長が、「ネット社会の力の大きさを改めて知った」というコメントとともに校名変更を発表すると、ネット住民からは

「最近おまえら強すぎだよな」
「まぁ当然の結果だろうな」
「結局変えるのかよww」

といった「勝利宣言」の声が登場。一方、話題となり、一時はアクセスが集中してページがアクセス不能にもなったアダルトサイト「サークル私立さくらんぼ小学校」は、

「ここにいらっしゃった多くの方はおそらく件のニュースをごらんになってのことかと存じます」
「ニュースなどでは『アダルトサイト』などと報道されているようですが、正しくはアダルトサイトではございません。同人サークルという形で、エッチなゲームを制作しております」
「先方様の学校のご意志(※編集註:当初表明されていた、校名を変更しない、という意志のこと)が変わらぬようでございましたら、児童の安全を配慮し、サークル名の変更を視野に入れることも考慮しております(子供や保護者の方々を不安にしてまで、名称を貫こうとは思っておりません)」
「願わくば、私どもおよびファンの方々を、そっとしておいていただければ幸甚でございます」

とのコメントを発表していた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト