ネット界の“旬”なニュースをお届け!

BTF25周年 マーティ降臨に全世界ファン熱狂

2010.10.26 TUE

噂のネット事件簿


本日発売されたBOXセット。特典映像には、お蔵入りとなった「核爆発のエンディング」「降板したエリック・シュトルツ演じるマーティ」なども収録されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(以下「BTF」)』が公開25周年を迎えた今年。初公開時の映画予告編がリメイクされ、全世界で大変な話題となっている。

この映像は、アメリカのケーブルテレビ局「スパイクTV」で放送された「Scream Awards 2010」のために作られたもの。現在49歳になったマイケル・J・フォックスが、白いスニーカーに青いジーンズ、サングラス姿で、再び“マーティ・マクフライ“に扮しており、「デロリアン」に乗り込んで、今にもタイムトラベルに出発しようとするワクワク感を見事に捉えた伝説的な予告編が再現されている。

この1分あまりの映像がYouTubeにアップされると、動画の再生回数はわずか1週間で200万回以上に達し、コメント欄には世界中の言語でコメントが殺到。また、ツイッター上でも

「1分足らずの動画ですが本気で泣けますよ」
「こんなん見たら、(PART)4もいける!って思っちゃうよね」

など、日本のツイッターユーザーだけでも5000人以上(10月25日現在)がこの映像についてつぶやいており、25年の時を経てなお、ファンの熱狂はとどまることを知らない様子だ。また、

「マーティーが帰ってきた!! 感無量!!」(原文ママ)
「パーキンソン病けっこう良くなってるんだ?ちょっと涙が」

と、30歳でパーキンソン病を発病し、その後闘病生活を続けていたマイケル・J・フォックスの活躍に感動する声も後を絶たなかった。

なお、今日26日には、『BTF』3部作を完全収録したブルーレイBOX『バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX』が発売される。7月から始まった25周年のアニバーサリーイヤー。盛り上がりはまだまだ続きそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト