ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット住民大絶賛 ブログ界に天才女子中学生現る

2010.11.25 THU

噂のネット事件簿


ネット住民大絶賛のブログ「撲滅苦愛」。ネット住民は、これを「ぼくめつクラブ」と読むのではないかと分析している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
19日、アメーバブログに「押尾学を見た」という女子中学生が登場。しかし押尾の話題そっちのけで、このブログそのものが大変な人気を集めている。

まず19日、ブログ『撲滅苦愛』を開設している女子中学生「ふじこさん」が、「押尾学」というエントリーを発表した。そこには

「今日、押尾学見たワラ
ブンブンが『あれ押尾学じゃね?』とか言ったから見てみたらホントに押尾学だったワラ」

などとつづられており、「あの押尾学が!」ということから、このブログがネット上で話題となった。

しかし程なく、このブログの過去ログをたどったネット住民が、この少女のユニークな視点に着目し、

「お前が死んだ次の日に、どこでもドアとかタイムマシンとかタケコプターが発明されたらどうすんだよ?
今生きてるこの世界がどうなって行くのか知らないまま死んでくのはもったいねぇよ」
「まぁイジメを全て撲滅すんのは大変だろうけど、すでにアタシん中には解決策ってあるよね
手っ取り早く解決出来るのは賞金制度だよ
イジメ見つけて報告したヤツには100円あげて、助けたヤツには500円の懸賞金やるんだよ」
(原文ママ・一部抜粋)

など、ブログ内の発言を次々と2ちゃんねるにコピペすると、2ちゃんねらーが反応。

「この文はすごい
なんというか引き込まれる」
「日本語としては稚拙なんだけど、魅力のある文章だ」
「天才だな
日本の未来は明るい」
「いやあ読ませる文章書くね」
「俺は絶対にこいつには勝てない」

と、絶賛の声が殺到。「ふじこさん」が本当に女子中学生なのかどうかは正直なところ不明だが、20日には『撲滅苦愛』は、アメブロのジャンル別ランキングの1位、総合ランキングの4位まで上昇した。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト