ネット界の“旬”なニュースをお届け!

漫画、DVD…タイガーマスク関連商品売り上げ好調

2011.01.13 THU

噂のネット事件簿


Amazonの「漫画文庫」カテゴリーで『タイガーマスク』が軒並み高位置につけている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
全国各地で「タイガーマスク」「伊達直人」を名乗る人物からの寄付が続出している。11日現在、80件以上が確認されているが、第1号は昨年のクリスマスに群馬県前橋市の群馬県中央児童相談所にランドセル10個が送られたことだ。

テレビでは、この「タイガーマスク運動」のニュースが出るとアニメ『タイガーマスク』の音楽が流れ、キャラクターとしてのタイガーマスクも同時に映し出されることが多い。さらに、施設で育った恩返しにファイトマネーを送る「伊達直人」になぞらえたのでは? と推測しつつストーリーの一部も紹介されている。

となれば、絶大なる宣伝効果があると推測できるわけだが、果たしてタイガーマスクグッズは売れているのか?

たとえば、Amazonでは講談社漫画文庫の『タイガーマスク』第1巻が11日9時現在で1030位だった。新作でないにもかかわらず1000位台とは相当高い順位である。そして、12日8時20分現在は533位に上昇しており、第2巻は548位、最終巻である第7巻は879位につけている。

「漫画文庫」のカテゴリー内だけでみれば、第1巻が堂々の3位。1位と2位は冨樫義博の『レベルE』上下巻。タイガーマスクはほかにも4位、6位~10位に入っており、ベスト10のうち7の枠を占めている。

DVDも好調で、『タイガーマスクBOX1』の「コレクター商品」には最高10万660円の値が付いた。実際の覆面である「ラバーマスク タイガーマスク」は、12日の8時から20時までに、おもちゃ分野全体の1461位から203位へと急上昇し、12日20時現在「コスプレ」分野で2位だ。

「タイガーマスク運動」は作品『タイガーマスク』関連グッズに突然の特需を生み出したようである。また、現在は「矢吹丈」(あしたのジョー)や「浜野あさり」(あさりちゃん)を名乗る寄付も登場しており、これらの作品に特需が来る日も近いかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト