ネット界の“旬”なニュースをお届け!

宇多田ヒカル×人力ボーカロイド 本人も絶賛

2011.01.27 THU

噂のネット事件簿


“本家”動画。26日8時現在、再生回数は132万回 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今年から活動休止に入った歌手・宇多田ヒカル。ブログやツイッターの更新だけでなく、自身の曲を発売前にYouTubeにアップするなど、ネットを使いこなすことでも知られているが、ネット上で楽曲を発表しているトラボルタPが作った「ココロ」という曲を宇多田の声を使用した「人力VOCALOID」で作成し、ニコニコ動画に投稿した人がいる。24日0時に投稿されてから一日後の25日には10万回以上再生。26日8時には20万回を超えている。

「人力VOCALOID」とは、ある音声素材を自力で編集し、音声合成エンジン・VOCALOIDのように歌わせる技術。同楽曲が

「ここまでにするのはすごいねうp(アップ)主」
「吐息がそっくりだ!」
「雰囲気でてるなあ」

と話題になっていることを、あるユーザーが宇多田へツイッターで報告すると、宇多田本人が「よく出来てるね~これ!制作者に拍手。しかし、自分の顔を使ったコラ写真を見た時のような気持ち悪さが(笑)」とコメント。さらにニュースサイト「ガジェット通信」が動画と宇多田のコメントをあわせて記事化すると、その記事を読んだ2ちゃんねるユーザーの間でも話題になった。そこでは、「ブツ切りなんだけどこれすごいの?」と技術に対して厳しい意見もあるものの、

「宇多田はこういうのや、YouTubeに無断でPV投稿されることに関して寛容だよね。」
「ヒカルがネットでの作成物への理解があってよかったな」(以上原文ママ)

と、著作権問題にならず、宇多田に受け入れられていることに安堵する声もみられる。

なお、同動画は、VOCALOID「鏡音リン」に歌わせた「トラボルタP」氏のオリジナル曲「ココロ」の動画(2008年投稿)をもとにしているというが、「人力のおかげでこの曲知った。感謝」「宇多田から」と、今回の話題でこちらを知った人も多く、“本家”動画の再生回数も改めて伸びている様子である。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト