ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB新曲、初日売り上げ65万枚にアンチも脱帽?

2011.02.22 TUE

噂のネット事件簿


2月15日付のオリコン シングル デイリーランキング。推定売り上げ枚数65万枚で、AKB48『桜の木になろう』が1位。初回出荷枚数は110万枚ともいわれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
AKB48のシングル『桜の木になろう』が、2月15日付けのオリコンシングルデイリーランキングで、推定売り上げ枚数約65万枚で初登場1位となった。ネット上では、その圧倒的な売り上げ枚数に度肝を抜かれる人が続出している。

この日は、AKB48のほかにテゴマス、コブクロ、AAAなどの新曲がランキング初登場。しかし、1位のAKB48の推定売り上げ枚数が65万5344枚だったのに対し、2位のテゴマス『青いベンチ』は推定売り上げ枚数3万5385枚、3位のコブクロ『Blue Bird』は推定売り上げ枚数2万1069枚と、圧倒的な差がついている。

このランキングについて、2ちゃんねるの芸能・音楽・スポーツ ニュース速報+板では、「本当にケタ違いだなw」「1位と2位がフリーザとクリリンぐらいの差があるじゃないか」「この不況にこれは異常だろ」などと反応。とにかくすさまじい売れっぷりに驚くネット住民が続出していた。

AKB48関連のスレッドでは、いわゆる“アンチ”と呼ばれる、AKB48に対して批判的なコメントをするネット住民が出没することが多い。しかし、この圧倒的な売り上げ枚数を受けて、一部のネット住民はアンチに対して、

「もうアンチAKBは諦めて推しメンを決めた方が楽になるぞ」
「AKBとか実際人気ないだろとか言ってる奴はそろそろちゃんと世間見るべきだな
手段はどうであれ確かに今AKBは人気だから」

などと、現実を認めるようアドバイス。すると、

「誰だよAKBの人気はすぐ落ちるって言ったやつ
ますます人気上がってんじゃね~か!」
「悔しいけどAKBはもう完全に軌道に乗ったわ
いい加減認めないとただの負け惜しみだね」

と、これまでAKB48人気に疑問を呈していたような人からも、事実上白旗宣言といえるコメントが相次いだ。

ちなみに、発売2日目の2月16日付けデイリーランキングでは推定売り上げ枚数10万1304枚、17日付けで5万1196枚、18日付けで5万3206枚と、初日以降は売り上げ枚数を減らしているものの、2月19日現在もデイリーランキングの1位をキープしている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト