ネット界の“旬”なニュースをお届け!

カンニング逮捕に「やり過ぎ」の声続出もID人気

2011.03.07 MON

噂のネット事件簿


ツイッターでaicezukiを取ろうとしたら、「ユーザー名はもう使われています」と出るものの、URLに打ってみると、「存在しません」と出るので、今から取ろうとしても無理そうだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
京都大学などの入試で「Yahoo! 知恵袋」で回答を求めた男子予備校生(19歳)が偽計業務妨害で3日、京都府警から逮捕された。今回の逮捕について、ネット上では「自業自得」という声が多かったものの、速報テロップを流したテレビや新聞一面で大々的に報じるメディアに疑問の声も出た。

脳科学者の茂木健一郎氏が一連の過剰な報道について「クズ新聞、クズテレビ、クズ大学、これで満足したか?」「彼は日本のwikileaksだ!」と少々過激な発言をツイッターに投稿したり、ジャーナリストの佐々木俊尚氏も「いくらネットを活用した新奇な手法を採ったといってもたかが入試のカンニング。それがなんで殺人事件とかと同じぐらいの紙面扱いなんだ?」とツイート。

そんななか、にわかに人気となっているのが、予備校生がYahoo! 知恵袋で使ったIDである“aicezuki”だ。

同一人物のものかどうかは不明だが、YouTubeには“aicezuki”のチャンネルが存在する。2010年5月23日に19歳が開設したとされるこのチャンネル、動画は一つも投稿されていないが、コメントが多数つけられているのだ。

「カンニングなんてして」
「本物かわからんけどyahoo知恵袋をカンニングに使ってほしくない。そんなことしても自分のためにならないですよ」(原文ママ)
「年下の中学生が言うのも何ですが、試験ですから、マナーを守ってください!日本中が迷惑をしています!!!!!!!!!!!」

などと非難する声が多いが、「おまえらこのアカ(編集部註:アカウントのこと)が知恵袋の人のじゃなかったらどうするんだ?」と諭す人も。

ほかのメディアで“aicezuki”というIDの状況がどうなっているのかみてみると、ツイッターでは、検索すると「存在しません」という結果が返ってきた。一方、アメーバブログではこのIDはすでに取得され、ミクシィに至っては、都内の高校生が同IDを取得し、本名を記載していた。その本名をアルファベットで表記し、mixiと同じプロフィールを載せたツイッターのアカウントで、京都大の入試について「カンニングしほうだいだった」などと書き込みをしていたため、騒ぎに発展したという(毎日新聞の報道による)。

ちなみにYouTubeに尖閣諸島漁船衝突事件の動画をアップした“sengoku38”もツイッターのIDがあり、こちらはフォロー数は0人だが、566人からフォローされている。アメーバブログでも“sengoku38”のIDを名乗る人物が昨年8月以来ブログを公開。話題となったIDはネット上で誰かから使われることにもなるようであるが、使用には周囲への影響を考え、注意したいものである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト