ネット界の“旬”なニュースをお届け!

九州新幹線のCM ネットで勇気づけられる人多数

2011.03.15 TUE

噂のネット事件簿


ツイッターでは「今大変な状況にある方々にこの笑顔が届けばいいな、と思っています」という声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12日に全線開通した九州新幹線。JR西日本、JR九州をはじめ、沿線の自治体は予定していた記念式典をすべて取りやめた。

一方で9日から放送されていたCM(※14日現在送休止)は、放送直後からネット上で“いいCM”だと話題になっていた。このCMは、2月20日に「ウェーブやダンスで鹿児島中央駅から博多駅までをつなぐ」という企画のもと、CM撮影用のカメラを載せた特別な新幹線から撮影が行なわれたもの。同日10時55分に鹿児島中央駅を出発し、博多駅に到着する14時12分までのあいだに、沿線の田んぼやマンションのベランダ、川に浮かんだボートの上などから飛び上がったり手を振ったりして開通を祝う人たちの様子が30秒のショートバージョン、1分、2分、3分のロングバーション、「ありがとう編」「期待と笑顔編」などにまとめられた。

10日、ネット上にアップされていた動画を2ちゃんねるで紹介すると、「ちょっと泣いちゃった」「これはいいCMだな」「なんだこのCMすごい、涙出てくる」「マジで胸が熱くなる」「こういうのって生身の人間の心こもってるもんね」と絶賛の嵐。

テレビでCMの放送が休止されているあいだにも動画は多く再生され、

「日本は繋がってる!
みんな繋がってる!
そう思えたCMだった。
みんなで乗り越えよう! ほんとに、、、みんなで乗り越えよう!!」
「元気づけられた・・・!
東北新幹線沿線に再び笑顔が溢れるよう自分ができることをやっていきます!」
「涙が出ました。
不安に怯えていた私にとっては一筋の光のようにも思えました。」

と、被災地のことを思いやる声が寄せられている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト