ネット界の“旬”なニュースをお届け!

3月に震災関連以外で最もつぶやかれた単語は?

2011.04.12 TUE

噂のネット事件簿


BIGLOBE提供のツイッター利用者向け情報サイト「ついっぷるトレンド」。「HOTワード」「有名人」「画像」など、「今、ツイッターでどんなことが話題になっているのか?」がひとめで分かるようになっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
BIGLOBEが6日、3月のツイッター利用動向を発表し、ワードランキングの上位は軒並み震災関連の単語で占められた。

発表によると、3月のワードランキング1位は「地震」で、以下「被災地」「停電」「電車」「計画停電」「節電」「津波」「原発」「避難」「被災者」がTOP10にランクイン。さらに下位を見ても、ワードランキングの上位50語中49語が震災関連の単語で占められており、それ以外のただ1つの単語は「CM」だった。これは震災以降のTVでACのCMが大量に放送され、話題も多かったことが影響しているのだろうか。

さらに「有名人ランキング」に目を向けても、「AKB48」「ジェジュン」「ユチョン」など、上位の定番有名人にまじって、福島に支援物資を届けた「江頭2:50」、“天罰”発言の「石原慎太郎」、ジャーナリストの「上杉隆」、気仙沼で被災した「サンドウィッチマン」などがランクイン。ワードランキングとあわせ、3月のツイッターは、ほぼ震災関連のつぶやきで埋め尽くされたことが明らかになった。

このワードランキングはこれまでも毎月発表されており、2月のランキングには、TOP10に「プリキュア」「バレンタイン」「伊達」(「仮面ライダーオーズ」でかっこいいと人気のキャラクターの名前)「ゴーカイジャー」といった単語が、1月のランキングにはサッカー・アジア杯関連の「サッカー」「香川」「川島」「本田」といった単語や「年賀状」「期待」など、新年らしい単語が入っていた。

それらと比べても、あまりにも対照的と言わざるを得ない3月のランキング。震災のあまりに大きな影響が、ツイッターユーザーのつぶやきからもあらわになった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト