ネット界の“旬”なニュースをお届け!

GREEの『契約★魔法少女』が「まどマギ」似と評判

2011.05.11 WED

噂のネット事件簿


「オレ的ゲーム速報@刃」では、『契約★魔法少女』に関し、GREEの戦略に多くの人がド肝を抜かれている様子を見ることができる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
GREEが5月6日に配信を開始したゲーム『契約★魔法少女』が、4月22日に終了した人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』(毎日放送)とソックリとネットで話題になっている。このゲームは主人公が妖精となり、「魔法少女」たちと「契約」をして彼女たちを“生贄”とすることで、自分自身を成長させたうえで「母なる魔女」を倒すもの。

ゲームの進め方としては基本的には「探索」をするだけ。「探索」を通してレベル上限に達した魔法少女たちを卒業させることで、プレーヤー(=妖精)の能力がアップするという。

ソックリだと指摘されている理由は、『魔法少女まどか☆マギカ』で主人公・鹿目まどかが謎の生物から「僕と契約して、魔法少女になってほしい」と言われたところから物語が始まる点がひとつのポイント。『契約★魔法少女』でも、「契約」してもらうことがゲーム進行にあたって重要なだけにこの点が「ソックリ」だと言われているのだ。

ファミ通.comに掲載されたこのゲームに関する記事「ぼくと契約して、魔法少女になって魔女を倒してよ! 『契約★魔法少女』がGREEにて配信開始!」は10日9時現在、同サイトのアクセスランキング1位となり、はてなブックマークでは269件のブックマークがつき、ツイッターでは3878件のツイートがされるなど、ネット上ではその他2ちゃんねる、ツイッター、ブログなど各所で大いに話題に。

ソックリかどうかはさておき、ツイッターのまとめサイトTogetterでは

「相変わらずソーシャルゲーム界隈はフットワークが軽いな。釈然としない感じはするけれど」
「この割り切りっぷりがステキ」
「グリーのこういう『流行ってる要素をいち早く取り込んで新作ゲームを作る』 という姿勢にはいつも感心させられる。アンテナが高い証拠だよね」

と、同ゲームにむしろ脱帽したとするコメントも多数見受けられる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト